来週相場で勝つための今週の振り返り

来週相場で勝つために、今週の日本株式市場とアメリカ株式市場を振り返ります。復習をして休み明けの投資に活かしましょう。

【日本株式市場】

日経平均は4日続落、東証マザーズ指数は4日し、2017年4月以来に1000を下回りました。また、日経ジャスダック平均株価も4日続落で年初来安値を更新しました。新興市場を中心に苦戦を強いられた一週間ですが、追加関税発動後は反発しました。来週はマイナーSQが控えていますが、追加関税発動による悪材料出尽くしで上昇できるか注目です。

 

【日経平均各日の内容】

2日:大幅反落。[8892]日本エスコンがストップ高。6月29日に業績修正を発表。18年12月期の連結経常利益を従来予想の87億円から102億円に17.2%上方修正。増益率が45.3%増から70.3%増に拡大し、従来の11期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せしたことを好感した買いが入りました。終値は前営業日比492円58銭(2.21%)安の2万1811円93銭

3日:続落。[7462]ダイヤ通商がストップ高。2日にサービスステーションのSSヨンク大塚を譲渡すると発表。それに伴い19年3月第4四半期に売却益6.5億円を特別利益に計上する見込みとなったことを好感した買いが入りました。終値は前営業日比26円39銭(0.12%)安の2万1785円54銭

4日:3日続落。[9265]ヤマシタヘルスケアホールディングスが一時ストップ高。7月3日に業績修正を発表。18年5月期の連結経常利益を従来予想の3億円から4.4億円に46.3%上方修正。増益率が19.0%増から74.0%増に拡大する見通しとなったことを好感した買いが入りました。終値は前営業日比68円50銭(0.31%)安の2万1717円04銭

5日:4日続落。[4745]東京個別指導学院が大幅続伸。7月4日に決算を発表。19年2月期第1四半期の経常損益(非連結)は6.1億円の赤字に赤字幅が縮小。収益が改善したことを好感した買いが入りました。終値は前営業日比170円05銭(0.78%)安の2万1546円99銭

6日:5日ぶり反発。[4579]ラクオリア創薬がストップ高。韓国のCJヘルスケアへ導出したtegoprazanについて、韓国食品医薬品安全処から胃食道逆流症治療薬として製造販売承認を取得し、マイルストン達成に伴うCJヘルスケアからの一時金受領が確定したと発表したことを好感した買いが入りました。終値は前営業日比241円15銭(1.12%)高の2万1788円14銭

 

【アメリカ株式市場】

米株式市場は、原油高は一服したものの米中両国の追加関税発動が控えていたため様子見ムードの強い一週間でした。発動後に開いていた日本株式市場は上昇しましたが、米株式市場も続くことができるか注目です。

 

【ダウ平均各日の内容】

29日:続伸。原油高の影響から石油関連銘柄に買いが入りました。ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比55ドル36セント(0.2%)高の2万4271ドル41セント

2日:3日続伸。米トランプ大統領の発言が貿易摩擦への懸念を後退させました。ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比35ドル77セント(0.1%)高の2万4307ドル18セント

3日:反落。独立記念日の前日ということもあり手仕舞い売りが優勢となりました。ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比132ドル36セント(0.36%)安の2万4174ドル82セント

4日:独立記念日の祝日のため、全市場が休みでした。

5日:反発。米中の追加関税発動が6日に控えており様子見ムードの中、ハイテク株を中心に買いが入りました。ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比181ドル92セント(0.8%)高の2万4356ドル74セント

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【注目銘柄を探す】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です