来週相場で勝つための今週の振り返り

来週相場で勝つために、今週の日本株式市場とアメリカ株式市場を振り返ります。復習をして休み明けの投資に活かしましょう。

【日本株式市場】

19日に400円超の大幅下落を記録した日経平均。しかし、翌日には反発するなど今後の見極めが難しい相場となっています。全体のトレンドがはっきりしない一方、個別株には急騰している銘柄もあるため来週は銘柄分析がより大事な相場となるでしょう。

 

【日経平均各日の内容】

18日:反落。[8289]Olympicグループがストップ高。前日のテレビ番組で、傘下のサイクルオリンピックの「FREE POWER(フリーパワー)」が紹介されたことを好感した買いが入りました。終値は前営業日比171円42銭(0.75%)安の2万2680円33銭

19日:大幅続落。[4712]KeyHolderがストップ高。連結子会社が映像・音楽ソフトの企画を手掛けるY&N Brothers及び広告企画開発事業のallfuzと業務提携契約を締結し、特別顧問に秋元康氏を招聘すると発表したことを好感した買いが入りました。終値は前営業日比401円85銭(1.77%)安の2万2278円48銭

20日:3営業日ぶり反発。[9263]ビジョナリーホールディングスが大幅続伸。19日に新中期経営計画を発表。営業利益見通しが、19年4月期が前期比61.0%増の11.30億円、22年4月期が12.1%増の25.00億円となったことを好感した買いが入りました。終値は前営業日比276円95銭(1.24%)高の2万2555円43銭

21日:続伸。[3754]エキサイトがストップ高。子会社のエキサイトワンを通じて新世代FXフォロートレード「macaso(マカソ)」の提供を開始し、フィンテック事業に参入すると発表したことを好感した買いが入りました。終値は前営業日比137円61銭(0.61%)高の2万2693円04銭

22日:3日ぶり反落。[2721]ジェイホールディングスがストップ高。連結子会社のアセット・ジーニアスがブロックチェーン技術を用い、分散型評価経済プラットフォームを活用した事業を行うシンガポールのHAPPY INCENT PTE.LTD.からシステム開発を受注したと発表したことを好感した買いが入りました。終値は前営業日比176円21銭(0.78%)安の2万2516円83銭

 

【アメリカ株式市場】

8日続落と一貫して下げ相場となった米株式市場。米中貿易摩擦の激化が懸念される中、投資家の間にはリスクオフムードが高まりました。来週は8日続落の反動から戻す場面もあるかもしれませんが、下落リスクの高い相場となるでしょう。

 

【ダウ平均各日の内容】

15日:4日続落。米トランプ政権が中国製品への追加関税の発動を表明し、貿易摩擦の激化が懸念され大きく下落しました。ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比84ドル83セント(0.3%)安の2万5090ドル48セント

18日:5日続落。米中貿易摩擦の激化を警戒して売りが優勢となりました。ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比103ドル01セント(0.4%)安の2万4987ドル47セント

19日:6日続落。米中貿易摩擦激化への警戒は続いており、売りが優勢となりました。ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比287ドル26セント(1.1%)安の2万4700ドル21セント

20日:7日続落。米中貿易摩擦激化への警戒は続いており、FRBパウエル議長の利上げを継続する姿勢が相場の重荷となりました。ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比42ドル41セント(0.2%)安の2万4657ドル80セント

21日:8日続落。米中貿易摩擦激化への警戒は続いており、リスクオフムードの流れとなりました。ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比196ドル10セント(0.8%)安の2万4461ドル70セント

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【注目銘柄を探す】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です