【3分でわかる】今週の相場と来週の展望

来週相場で勝つために、今週の日本株式市場とアメリカ株式市場を振り返ります。相場の復習をして今後の展開の予想など、休み明けの投資に活かしましょう。

【日本株式市場】

今週の日本株式市場は、日経平均が2万1000円台の攻防を見せた相場となりました。ダウ平均が617ドル安と大幅安だったことをうけて約3年1ヶ月ぶりの7日続落となる場面もありました。

15日に令和初のプラスで取引を終えて相場は落ち着きを取り戻しましたが、内閣の発表した3月景気動向指数(速報値)による基調判断が2013年1月以来6年2カ月ぶりに「悪化」となったことが嫌気されるなどファンダメンタルズにも注目が集まる相場となりそうです。

 

【日経平均各日の内容】

13日:前営業日比153円64銭(0.72%)安の2万1191円28銭でした。個別銘柄では[3756]豆蔵ホールディングスが急騰。5月10日大引け後に決算を発表。19年3月期の連結経常利益は前期比5.1%増の24.1億円に拡大。20年3月期は前期比10.4%増の26.6億円に伸びを見込み、9期連続で過去最高益を更新する見通しとなったことを材料視した買いが入りました。

14日:前営業日比124円05銭(0.59%)安の2万1067円23銭でした。個別銘柄では[9517]イーレックスが急騰。5月13日大引け後に決算を発表。19年3月期の連結経常利益は前期比5.3%減の42.9億円に縮小したものの、20年3月期は前期比67.3%増の71.8億円に拡大を見込み、2期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなったことを材料視した買いが入りました。

15日:前営業日比121円33銭(0.58%)高の2万1188円56銭でした。個別銘柄では[5304]SECカーボンがストップ高。5月14日大引け後に決算を発表。19年3月期の連結経常利益は前期比15倍の171億円に拡大。20年3月期は前期比16.9%増の200億円に伸びを見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなったことを材料視した買いが入りました。

16日:前営業日比125円58銭(0.59%)安の2万1062円98銭でした。個別銘柄では[8089]すてきナイスグループがストップ安。5月16日、横浜地検と証券取引等監視委員会が合同で同社本社を粉飾決算の疑いで家宅捜索したことを材料視した売りが出ました。

17日:前営業日比187円11銭(0.89%)高の2万1250円09銭でした。個別銘柄では[9424]日本通信が急騰。5月17日、米連邦通信委員会からCBRS(周波数免許不要の市民ブロードバンド無線サービス)の商用基地局に関する認可を取得したと発表ことを材料視した買いが入りました。

 

【アメリカ株式市場】

今週の米株式市場は、米中貿易摩擦が引き続き注目される相場となりました。アメリカでは制裁関税の第4弾が計画されているなど米中貿易摩擦に対する懸念は強いままです。さらに米が中国の通信機器最大手ファーウェイに対して米国製ハイテク部品などの禁輸措置を発表したことでハイテク関連株は売りが優勢となりました。

一方で、VIXが低下し、ダウ平均が2万6000ドル台目前まで反発するなど立ち直りも早く、素早い対応力が求められる相場となることが予想されます。

 

【ダウ平均各日の内容】

10日:反発。米中閣僚級協議が終了し、今後も協議が継続するとのことから買いが入りました。ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比114ドル01セント(0.4%)高の2万5942ドル37セントでした。

13日:反落。中国が600億ドル分の米国製品について報復関税の引き上げを発表したことを嫌気した売りが優勢でした。ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比617ドル38セント(2.4%)安の2万5324ドル99センでした。

14日:反発。6月の日本でのG20にあわせて米中首脳会談をおこなうことが検討されていることが伝わり、買いが優勢となりました。ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比207ドル06セント(0.8%)高の2万5532ドル05セントでした。

15日:続伸。半月ぶりの続伸となりました。ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比115ドル97セント(0.5%)高の2万5648ドル02セントでした。

16日:3日続伸。米企業の好決算が目立ち投資家心理が改善しました。ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比214ドル66セント(0.8%)高の2万5862ドル68セントでした。

 

【今後のイベント】

今後の主なイベントとしては、17日の「米4月景気先行指数」、22日の「4月貿易収支」、24日の「4月消費者物価指数」などがあります。イベントをきっかけに相場が大きく変動する可能性があります。リスク管理に気をつけましょう。

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【注目銘柄実績】

業績などをもとにしたファンダメンタルズ分析や、チャートをもとにしたテクニカル分析から当サイトが注目した銘柄の実績の一部をご紹介します。

その他の注目株の実績はこちらからご確認ください。

 

【日刊相場レポート】

当サイトでは一日2回、午前と午後の取引時間終了後にその時の相場の状況をレポートとして提供しています。株式投資の参考として是非ご覧ください。

また、金曜日には週刊号としてその週の振り返りとともに次週のマーケットの展望を書いています。そのほか、不定期で号外を投稿しています。こちらも合わせてご覧ください。

その他の日刊相場レポートはこちらからご確認ください。

 

【注目銘柄を探す】

当サイト「行列のできる注目株」の注目銘柄一覧こちらからご確認いただけます。また、条件別に探したい方のために高収益、高成長、優待株を以下のリンク先から検索できるようにしています。また、株式投資に関する知識を深めたい方は株式用語をわかりやすく解説している「よくある質問」を参考にしてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です