【3分でわかる】今週の相場と来週の展望

来週相場で勝つために、今週の日本株式市場とアメリカ株式市場を振り返ります。相場の復習をして今後の展開の予想など、休み明けの投資に活かしましょう。

【日本株式市場】

今週の日本株式市場は、週前半は27日からの米朝首脳会談が意識されてか東証一部市場の売買代金が2兆円を割れるなど様子見ムードが強い相場でした。

米朝首脳会談では合意がなかったものの、相場への悪影響は見られず円安ということもあり2万1600円台回復となりました。今後は米中貿易摩擦やブレグジットも材料となってくるでしょう。

 

【日経平均各日の内容】

25日:反発。個別銘柄では[1447]ITbookホールディングスがストップ高。25日午前、傘下のサムシングが業界で初めて地盤改良体品質一次判定に人工知能(AI)を活用したと発表したことを材料視した買いが入りました。日経平均株価の終値は前営業日比102円72銭(0.48%)高の2万1528円23銭でした

26日:反落。個別銘柄では[2404]鉄人化計画がストップ高。25日取引終了後、[6191]エボラブルアジアと資本・業務提携することで合意したと発表したことを材料視した買いが入りました。日経平均株価の終値は前営業日比78円84銭(0.37%)安の2万1449円39銭でした

27日:反発。個別銘柄では[3909]ショーケースがストップ高。26日、グーグルが1月23日から運用を開始した「Googleしごと検索」に対し、最適化する構造化データスクリプトを書き出せるツール『Showcase しごとアシスト』を開発し、提供を開始すると発表したことを材料視した買いが入りました。日経平均株価の終値は前営業日比107円12銭(0.50%)高の2万1556円51銭でした

28日:反落。個別銘柄では[3839]ODKソリューションズがストップ高。2月27日大引け後に業績修正を発表。19年3月期の連結経常利益を従来予想の3.4億円から5.1億円に50.0%上方修正。一転して31.8%増益見通しとなったことを材料視した買いが入りました。日経平均株価の終値は前営業日比171円35銭(0.79%)安の2万1385円16銭でした

1日:反発。個別銘柄では[3727]アプリックスが大幅高。2月28日取引終了後、同社のフローセンサーが世界的なキッチンメーカーであるフランケ・キッチン・システムズの蛇口一体型小型浄水器に搭載されたと発表したことを材料視した買いが入りました。日経平均株価の終値は前営業日比217円53銭(1.02%)高の2万1602円69銭でした

【アメリカ株式市場】

今週の米株式市場は、米中貿易協議が進展し3月2日に予定されていた対中関税引き上げが延期、米上院銀行委員会でのパウエルFRB議長の証言内容がハト派的だったことから買い安心感が広がりました。

一方で米朝首脳会談が不調に終わり、インドとパキスタンが互いに空爆するなど地政学的リスクも浮上し、2万6000ドルを割れました。今後も外交関連のニュースに注目が集まります。

 

【ダウ平均各日の内容】

22日:反発。昨年11月8日以来、約3カ月半ぶりに2万6000ドル台を回復しました。ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比181ドル18セント(0.7%)高の2万6031ドル81セントでした。

25日:続伸。米中貿易協議の進展を期待した買いが入りました。ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比60ドル14セント(0.2%)高の2万6091ドル95セントでした。

26日:3営業日ぶり反落。パウエルFRB議長の証言から、次回のFOMCで利上げが見送られるとの見方が強まりました。ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比33ドル97セント(0.1%)安の2万6057ドル98セントでした。

27日:続落。インドとパキスタンが互いに空爆したことを受けて投資家心理が悪化しました。ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比72ドル82セント(0.3%)安の2万5985ドル16セントでした。

28日:3日続落。米朝首脳会談で北朝鮮の非核化で合意に至らなかったことで売り優勢となりました。ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比69ドル16セント(0.3%)安の2万5916ドル00セントでした。

 

【今後のイベント】

今後の主なイベントとしては3月1日の「1月有効求人倍率」、8日の「米2月雇用統計」などがあります。イベントをきっかけに相場が大きく変動する可能性があります。リスク管理に気をつけましょう。

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【注目銘柄実績】

業績などをもとにしたファンダメンタルズ分析や、チャートをもとにしたテクニカル分析から当サイトが注目した銘柄の実績の一部をご紹介します。

その他の注目株の実績はこちらからご確認ください。

 

【日刊相場レポート】

当サイトでは一日2回、午前と午後の取引時間終了後にその時の相場の状況をレポートとして提供しています。株式投資の参考として是非ご覧ください。

また、金曜日には週刊号としてその週の振り返りとともに次週のマーケットの展望を書いています。そのほか、不定期で号外を投稿しています。こちらも合わせてご覧ください。

その他の日刊相場レポートはこちらからご確認ください。

 

【注目銘柄を探す】

当サイト「行列のできる注目株」の注目銘柄一覧こちらからご確認いただけます。また、条件別に探したい方のために高収益、高成長、優待株を以下のリンク先から検索できるようにしています。また、株式投資に関する知識を深めたい方は株式用語をわかりやすく解説している「よくある質問」を参考にしてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です