【3分でわかる】今週の相場と来週の展望

来週相場で勝つために、今週の日本株式市場とアメリカ株式市場を振り返ります。復習をして休み明けの投資に活かしましょう。

【日本株式市場】

今週の日経平均は、14日のメジャーSQを意識した展開となりました。結果は2月2日以来、約7カ月半ぶりの高値を付けるなど2万3000円台を回復しました。個別銘柄に目を向けると、[3854]アイルや[2929]ファーマフーズなどの好決算銘柄に買いが入りました。来週は目先の目標2万3000円台到達を達成したことで利益確定売りが優勢となると予想しますが、上値買いが続くようであれば本格的な上昇トレンドに突入する可能性が考えられます。

 

【日経平均各日の内容】

10日:反発。個別銘柄では[3854]アイルがストップ高。9月7日大引け後に決算を発表。18年7月期の連結経常利益は前期比20.0%増の5.4億円に伸長。19年7月期も前期比31.9%増の7.2億円に拡大を見込み、5期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなったことが材料視され買いが入りました。終値は前営業日比66円03銭(0.30%)高の2万2373円09銭

11日:続伸。個別銘柄では[6065]ライクキッズネクストが急騰。9月10日大引け後に決算を発表。19年4月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比6.0%増の5.8億円に伸長。通期計画の18.2億円に対する進捗率は31.9%に達し、前年同期の22.9%を上回ったことが材料視され買いが入りました。終値は前営業日比291円60銭(1.30%)高の2万2664円69銭

12日:3営業日ぶりに反落。個別銘柄では[2929]ファーマフーズが急騰。9月11日大引け後に業績修正を発表。18年7月期の連結経常利益を従来予想の3.2億円から3.5億円に12.2%上方修正、増益率が2.2倍から2.5倍に拡大し、従来の5期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せしたことが材料視され買いが入りました。終値は前営業日比60円08銭(0.27%)安の2万2604円61銭

13日:反発。個別銘柄では[3539]ジャパンミートが急騰。9月12日大引け後に決算を発表。18年7月期の連結経常利益は前期比11.3%増の45.4億円に拡大。19年7月期も前期比4.5%増の47.5億円に伸びを見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなったことが材料視され買いが入りました。終値は前営業日比216円71銭(0.96%)高の2万2821円32銭

14日:続伸。個別銘柄では[4390]アイ・ピー・エスがストップ高。13日、子会社がフィリピン国家通信委員会に申請していた通信事業の地域拡大が承認されたと発表したことが材料視され買いが入りました。終値は前営業日比273円35銭(1.20%)高の2万3094円67銭

 

【アメリカ株式市場】

米株式市場は、3日続伸し再び2万6000ドル台に到達するなど堅調な相場となりました。その要因として、米中通商協議の再開の可能性が報道されたことやトルコ中央銀行の大幅利上げ、新機種を発表したアップルの上昇などが挙げられます。今後も貿易摩擦の報道に相場は左右されるでしょうが、トルコの大幅利上げで投資家心理が改善されたことで来週の相場は上昇が期待できます。

 

【ダウ平均各日の内容】

7日:3日ぶりに反落。アメリカのトランプ大統領が貿易摩擦に対して強硬姿勢を強めているとの見方から売りが優勢となりました。ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比79ドル33セント(0.3%)安の2万5916ドル54セント

10日:続落。中国に対する追加関税が収益に影響を与えると懸念され、アップルが4日続落となりました。ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比59ドル47セント(0.2%)安の2万5857ドル07セント

11日:反発。前日まで4日続落のアップルが新製品の発表を控えていることを材料に大幅上昇。ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比113ドル99セント(0.4%)高の2万5971ドル06セント

12日:続伸。米中通商協議の再開の可能性が報道され、買いが優勢となりました。ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比27ドル86セント(0.1%)高の2万5998ドル92セント

13日:3日続伸。トルコ中央銀行の大幅利上げにより投資家心理が改善し8月下旬以来に2万6000ドル台を回復しました。ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比147ドル07セント(0.6%)高の2万6145ドル99セント

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【注目銘柄実績】

当サイトで注目した銘柄の実績の一部をご紹介します。

その他の注目株の実績はこちらからご確認ください。

 

【日刊相場レポート】

当サイトでは一日2回、午前と午後の取引時間終了後にその時の相場の状況をレポートとして提供しています。また、金曜日には週刊号としてその週の振り返りとともに次週の展望を書いています。こちらも合わせてご覧ください。

その他の日刊相場レポートはこちらからご確認ください。

 

【注目銘柄を探す】

当サイト「行列のできる注目株」の注目銘柄一覧こちらからご確認いただけます。また、条件別に探したい方、株式投資に関する知識を深めたい方は以下のリンク先を参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です