TOPIX(東証株価指数)とは?

今回は「TOPIX(東証株価指数)」について解説します。「TOPIX(東証株価指数)」を学んで株式投資に活かしましょう。

【TOPIX(東証株価指数)とは?】

TOPIXとは、東証一部市場に上場する内国普通株式全銘柄を対象とする株価指数です。

昭和43年(1968年)1月4日の時価総額を100として、その後の時価総額を指数化したものです。日経平均株価と同様に、日本経済の動向を示す代表的な経済指標として用いられるほか、ETFなどの金融商品のベンチマークとして利用されています。

ちなみにTOPIXは、東証株価指数(Tokyo stock price index)を英語表記にしたものです。

 

【TOPIXの特徴】

TOPIXは算出方法として時価総額を使用しています。そのため、銀行株など時価総額の大きい銘柄に値動きが左右されます。「TOPIXが上がっているのに持ち株は上がっていない」と感じた時は、時価総額の大きい銘柄が買われていることが考えられます。

反対に、TOPIXが上がっていなくても算出対象になっていない中小型株は上昇しているということはあります。

 

【TOPIXが注目される理由】

TOPIXが注目される理由は、日本経済の動向を示す代表的な経済指標として用いられるからです。TOPIXが上昇傾向にあれば地合いが良いと考えられ、下落傾向にあれば地合いが悪いと考えられます。

たとえばTOPIXと同じ動きをしない銘柄を保有していたとしても、TOPIXが下がっていて相場の状態が良くないと思われればその銘柄にも下落リスクはつきまといます。

 

【TOPIXと日銀ETF買いの関係】

あなたは、新聞などで「日銀によるETF買い」という言葉を目にしたことはありませんか?これは日銀が上場投資信託(ETF)を買うことを指しており、買うことで日経平均株価など指数が上昇します。

日銀がETFを買うタイミングがわかれば、買いで入りやすくなると考える方もいるでしょう。このタイミングをはかるのに参考になる指数がTOPIXなのです。

具体的には、TOPIXが前場でマイナスの時に買い入れが行われると考えられています。その下落率によって買い入れが行われる確率は変動しますが、基本的には下落率が大きければ大きいほど買い入れの確率は高くなります。

この日銀ETF買いが入るという思惑が相場を下支えするという効果をもたらします。午前中のTOPIXがマイナスだった時は、午後の株価の動きに注目です。

 

まとめ

  • TOPIXとは、東証一部市場に上場する内国普通株式全銘柄を対象とする株価指数
  • 時価総額の大きい銘柄に値動きが左右される
  • TOPIXは日本経済の動向を示す

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【注目銘柄を探す】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です