PER(株価収益率)とは?

株式投資をしていると様々な用語が出てきます。今回は当サイトでもよく銘柄紹介のときに取り上げるPER(株価収益率)の意味についてわかりやすく解説します。株式用語を学んで知識を充実させることで株式投資のパフォーマンス向上に活かしましょう。

【PERとは?】

PERとは、Price Earnings Ratioの略称で日本語だと株価収益率と呼ばれます。1株当たり利益に対し、株価が何倍まで買われているかを表しているもので、その銘柄の割安度を判断する時に使われる指標です。PERが低ければ低いほど、割安といえます。

式にすると

PER=株価÷一株当たり利益(EPS)

となります。

 

【PERの目安は?】

PERの目安はさまざまな見解があり、業種によっても異なってきますが、おおむね15倍が目安となります。

一例を挙げると、一株当たり利益が40円の企業の株価が600円の時、PERが15倍となります。

 

【PERは低ければ低いほどいい?】

PERが低ければ低いほど、割安といえるという話をしました。株式投資で儲けるには「安く買って高く売る」ことが必要なので、割安な銘柄を買えば儲かる可能性は高いと思うかもしれません。

ではPERの低い銘柄に投資すればいいのかというと、そう単純ではありません。PERが低い理由を考えなければいけません。

PERが低い理由で考えられるのは以下のようなものです。

  • 市場がその銘柄の魅力に気づかず割安で放置されている
  • 業界全体として他の業界より低い
  • その銘柄が万年割安である

「市場がその銘柄の魅力に気づかず割安で放置されている」、これがPERを指標に投資する上でつかみたい銘柄です。この銘柄がつかめれば大きな上昇が見込めるので、PERを見る時はこのことを常に意識したいところです。

「業界全体として他の業界より低い」というのは、良いという訳でも悪いという訳でもなく傾向の一つです。ただ、これを「割安だ」と勘違いして買ってしまうと利益は出づらいと思います。例えば商社や銀行、建設業に属している銘柄はPERが10倍を割っているものもあります。これは指標としては割安ですが、傾向でもあるので「割安」という理由での上昇は期待しづらいということです。

「その銘柄が万年割安である」というのは今までの株価の推移を見れば気づくことができます。指標では割安なのに、今までの値動きがほとんどないというのはその銘柄が市場からは不人気である可能性があります。

今は不人気でも、本当に良い企業なら後々評価されて上昇する可能性も考えられますが、長期間放置されている銘柄は避ける方が無難と言えるでしょう。

 

【まとめ】

  • PERはその銘柄の割安度を判断する時に使われる指標
  • さまざまな見解があり、業種によっても異なるが、おおむね15倍が目安
  • PERが低い時は「なぜ低いか?」を確認

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【注目銘柄実績】

業績などをもとにしたファンダメンタルズ分析や、チャートをもとにしたテクニカル分析から当サイトが注目した銘柄の実績の一部をご紹介します。

その他の注目株の実績はこちらからご確認ください。

 

【日刊相場レポート】

当サイトでは一日2回、午前と午後の取引時間終了後にその時の相場の状況をレポートとして提供しています。また、金曜日には週刊号としてその週の振り返りとともに次週の展望を書いています。そのほか、不定期で号外を投稿しています。こちらも合わせてご覧ください。

その他の日刊相場レポートはこちらからご確認ください。

 

【注目銘柄を探す】

当サイト「行列のできる注目株」の注目銘柄一覧こちらからご確認いただけます。また、条件別に探したい方のために高収益、高成長、優待株を以下のリンク先から検索できるようにしています。また、株式投資に関する知識を深めたい方は株式用語をわかりやすく解説している「よくある質問」を参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です