「押し目買い」とは?

株式投資をしていると様々な用語が出てきます。今回解説する株式用語は「押し目買い」という用語です。株式用語を学んで知識を充実させることで株式投資のパフォーマンス向上に活かしましょう。

【「押し目買い」とは?】

「押し目買い」の前に「押し目」について説明します。「押し目」とは、上昇トレンドの相場で大きく上昇した株価が、利益確定売りなどによって下落することです。

関連用語として、上げ幅に対して半分下がることを「半値押し」、上る前の株価まで下がることを「全値押し」というものもあります。

「押し目買い」とは、上昇トレンドの相場で大きく上昇した株価が、一時的に安くなったのを見計らって買うことをいいます。また、押し目を待って買おうとすることを「押し目待ち」と言います。

 

【「押し目買い」のメリット】

「押し目買い」のメリットとして挙げられるのは、安く買うことで利益を大きく出せる可能性があることです。

株式投資の基本は「安く買って高く売る」ということです。押し目だと思ったところで買い、そこから上手いこと反発すれば効率よく利益をあげられます。

しかし、株式相場には「押し目待ちに押し目なし」という格言があります。この格言の意味は、地合いの良い上昇相場であるため欲しいと思っている株価まで下落せず、その後反発して結局買うことができないというものです。

また、「半値押しは全値押し」という言葉もあります。半値まで下がったあとも下落が止まらず元の株価に戻ってしまうという意味です。

 

【「押し目買い」は難しい?】

「押し目買い」を実践するのは簡単ではありません。正確な押し目というのは後になってわかるもので、リアルタイムで押し目を判断することは難しいからです。

押し目を待って買うことができず機会損失となるリスクもあれば、押し目だと思って買ってもその後も下げ止まらず含み損を抱えてしまうリスクもあります。「押し目買い」を実行する時は、リスクを考慮して行いましょう。

 

まとめ

  • 「押し目」とは、上昇トレンドの相場で大きく上昇した株価が、利益確定売りなどによって下落すること
  • 「押し目買い」とは、上昇トレンドの相場で大きく上昇した株価が、一時的に安くなったのを見計らって買うこと
  • 押し目を待って買うことができず機会損失となるリスクもあれば、押し目だと思って買ってもその後も下げ止まらず含み損を抱えてしまうリスクもあり

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【注目銘柄実績】

業績などをもとにしたファンダメンタルズ分析や、チャートをもとにしたテクニカル分析から当サイトが注目した銘柄の実績の一部をご紹介します。

その他の注目株の実績はこちらからご確認ください。

 

【日刊相場レポート】

当サイトでは一日2回、午前と午後の取引時間終了後にその時の相場の状況をレポートとして提供しています。株式投資の参考として是非ご覧ください。

また、金曜日には週刊号としてその週の振り返りとともに次週のマーケットの展望を書いています。そのほか、不定期で号外を投稿しています。こちらも合わせてご覧ください。

その他の日刊相場レポートはこちらからご確認ください。

 

【注目銘柄を探す】

当サイト「行列のできる注目株」の注目銘柄一覧こちらからご確認いただけます。また、条件別に探したい方のために高収益、高成長、優待株を以下のリンク先から検索できるようにしています。また、「株式投資のやり方がわからない」「株に関する知識を深めたい」という方は株式用語をわかりやすく解説している「よくある質問」を参考にしてください。