【最高10.6%上昇】注目銘柄 [6544]ジャパンエレベーターサービスホールディングス【☆】

当サイトでは注目銘柄として[6544]ジャパンエレベーターサービスホールディングスが5月22日終値株価2,259円から筆者推定高値2500円まで上昇すると以下の理由から推定しています。総合評価は3段階評価で星1つです。

初回投稿日 5月22日 最終更新日 6月12日

【追記】6月12日時点で5月22日終値株価2,259円から一時10.6%上昇の2,498円をつけました。今後の株価の動きにも注目です。

 

【[6544]ジャパンエレベーターサービスホールディングスとは?

[6544]ジャパンエレベーターサービスホールディングス(JESグループ)は、エレベーター保守・メンテナンスなど、エレベーター・エスカレーターの保守・点検を行っている企業です。

国内で稼働する約98万台のエレベーター・エスカレーターのうち、約80%はそれを設置したメーカー系の保守会社がメンテナンスを行っており、[6544]ジャパンエレベーターサービスホールディングスは残り約20%を請け負っている「独立系」保守専門会社の一つで、独立系ではシェア首位級です。

企業HPには「JESグループの強み」として以下のように載っています。

  • 20年にわたる蓄積データをもとに、必要性の高い部品を効率的にストック。主要メーカーすべての純正パーツを豊富に保有し、部品供給停止機種にも幅広く対応可能。
  • 主要メーカーの多種多様なエレベーター・エスカレーターに対応できるスペシャリストであると同時に、人として信頼される技術スタッフを育成。
  • リモート監視システム、GPSを活用した技術スタッフ手配システムなど、先進技術を駆使したサービスで、災害時はもちろん24時間365日、安心をご提供。

 

銘柄の注目ポイント

【上場市場と業種】

[6544]ジャパンエレベーターサービスホールディングスは紹介時点では東証マザーズ市場に上場。業種はサービス業に属しています。

 

【成長性】

[6544]ジャパンエレベーターサービスホールディングスは5月11日に決算を発表。18年3月期の連結経常利益は前期比2.5倍の13.3億円に急拡大。19年3月期も前期比19.5%増の16億円に伸びを見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなりました。

上記の決算のとおり、業績は好調に推移しています。さらに業種平均よりも成長性は高いため、同銘柄は成長性の高い企業といえます。

 

収益性

自己資本利益率を表すROEは19.1%、予想ROEは31.5%となっています。

比較企業として挙げられる[6406]フジテック はROE9.4%、予想ROE8.7%です。

ご覧頂いているように比較企業を上回る収益性があり、収益性は高いといえます。また、その高さは業種平均の収益性を上回ります。

また、自己資本比率は26.8%と一般的な目安と言われる40%を下回っております。しかし、直近3期はいずれも黒字であり、悪材料と言うほどではないと考えます。

 

【紹介時点で株主優待制度はなし】

[6544]ジャパンエレベーターサービスホールディングスは紹介時点では株主優待制度がありません。

しかし、優待廃止による暴落リスクはないということです。急な暴落リスクが一つ少ないということは投資をする上でメリットがあるといえます。

 

まとめ

当サイトでは注目銘柄として[6544]ジャパンエレベーターサービスホールディングスが5月22日終値株価2,259円から筆者推定高値2500円まで上昇すると以下の理由から推定しています。総合評価は3段階評価で星1つです。

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【注目銘柄を探す】