今週のまとめ

gyouretu_top

今週の日本株式市場とアメリカ株式市場を振り返ります。復習をして休み明けの投資に活かしましょう。

【日本株式市場】

警戒されていたシリアへの軍事攻撃は実行されたものの、株式市場への影響は限定的でした。さらに軍事攻撃は今回限りとの見方から投資家心理は改善し、買いが入るようになりました。もう一つ警戒されていた日米首脳会談ですが、こちらも無難に通過しました。今週は2月28日以来の2万2000円台に到達しました。来週は移動平均75日線を超えて上昇できるかどうかに注目が集まります。

 

【各日の内容】

16日:続伸。シリア攻撃は実行されたものの「今回の一度限り」との見方が市場で広がり、懸念が後退しました。終値は前営業日比56円79銭(0.26%)高の2万1835円53銭

17日:続伸。日米首脳会談開催を前に取引を控える投資家の多い一日でした。終値は前営業日比12円06銭(0.06%)高の2万1847円59銭

18日:続伸。米株式市場の続伸や円安傾向であることが投資家心理を改善し、買いが優勢となりました。終値は前営業日比310円61銭(1.42%)高の2万2158円20銭

19日:続伸。午前は一時2万2300円台を超える場面もありましたが、午後は利益確定売りもあり上げ幅を縮小しました。終値は前営業日比32円98銭(0.15%)高の2万2191円18銭

20日:6営業日ぶりに反落。午前は前日比プラスで終えましたが、午後は週末を控えた手仕舞い売りもあり下げに転じました。終値は前営業日比28円94銭(0.13%)安の2万2162円24銭

 

 

【アメリカ株式市場】

シリアへの軍事攻撃は実行されたものの、今回限りとの見方から投資家心理が改善し、買いが入るようになりました。今後は移動平均75日線を超えて上昇できるかに注目が集まります。

 

【各日の内容】

13日:反落。決算を発表した大手銀行株が売られ、金融株全体に売りが広がりました。終値は前営業日比122ドル91セント(0.5%)安の2万4360ドル14セント

16日:反発。シリア攻撃が終了したとの見方から投資家心理が改善し買いが入りました。終値は前営業日比212ドル90セント(0.9%)高の2万4573ドル04セント

17日:続伸。米企業の決算が総じて好調なことをうけ、3月16日以来1ヶ月ぶりの高値をつけました。終値は前営業日比213ドル59セント(0.9%)高の2万4786ドル63セント

18日:3営業日ぶりに反落。決算を発表したIBMが利益率の低下を嫌気され大きく売られました。終値は前営業日比38ドル56セント(0.2%)安の2万4748ドル07セント

19日:続落。半導体銘柄が大きく売られSOX(半導体指数)は前日比マイナス4.31%と大きく下落しました。終値は前営業日比83ドル18セント(0.3%)安の2万4664ドル89セント

 

 

行列のできる注目株一覧はこちら

優待株はこちら

注目株の戦績はこちら

よくある質問はこちら

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【注目銘柄を探す】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です