注目銘柄[2169]CDS紹介時点から一時18.5%上昇

3月23日に紹介した注目銘柄[2169]CDSが紹介時点株価1,315円から一時18.5%上昇の1,558円をつけました。今後の株価の動きにも注目です。

3月23日 1,315円で紹介
4月5日 高値1,558円
最大18.5%上昇

以下に紹介時点の記事を再掲します。

【[2169]CDSとは?

[2169]CDSは、企業の技術仕様書制作が主体の企業です。事業内容は以下の通りです。

  • 技術出版物の企画・編集・翻訳・出版
  • ドキュメントシステム構築(XML / SGML)
  • データベース構築、e-Leaningコンテンツ作成など情報処理業務
  • 3D-CGアニメーション、電子カタログなど各種ツール作成
  • 3D CAD設計、モデリングサービス、コンピュータ・ソフトウェア開発

 

銘柄の注目ポイント

【上場市場と業種】

[2169]CDSは紹介時点では東証一部市場に上場。業種はサービス業に属しています。

 

【成長性】

[2169]CDSは2月13日に決算を発表。17年12月期の連結経常利益は前期比2.8%増の10.5億円。18年12月期も前期比11.4%増の11.8億円に伸びを見込み、6期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなりました。実現すれば4期連続増益になります。

上記の決算からもわかるように業績は好調です。さらに成長性は業種平均を上回っていることから、成長性は高いといえます。

 

収益性

[2169]CDSの自己資本利益率を表すROEは13.8%、予想ROEは14.9%となっています。また、自己資本比率は72.7%です。

比較企業として挙げられる[2185]シイエム・シイ はROE8.0%、予想ROE9.9%です。比較企業と比べるとROE、予想ROEともに上回っております。さらに、業種平均の収益性は上回っていることから収益性は高いといえます。

自己資本比率は一般的な目安と言われる40%を上回っております。業種平均を上回っているため、財務は健全といえます。

 

【紹介時点で株主優待制度はなし】

[2169]CDSは紹介時点では株主優待制度がありません。

しかし、優待廃止による暴落リスクはないということです。急な暴落リスクが一つ少ないということは投資をする上でメリットがあるといえます。

 

【ロボットビジネスの基盤強化と拡充】

CDSグループは最重点戦略としてロボットビジネスの基盤強化と拡充を掲げています。労働⼈⼝減少に伴う深刻な⼈⼿不⾜という外部環境において、 農業、物流産業向けロボットアプリケーションの開発・販売や⼩中学校「プログラミング教育」必須化に向けたマーケットに参画など業績拡大に向けた取り組みをしていくそうです。今後の業績拡大による株価上昇に期待がもてます。

 

割安度

[2169]CDSの紹介時点での指標は、1株あたりにつき何倍まで株が買われているかを表す予想PERが12.2倍、1株あたり純資産につき何倍まで買われているかを表す実績PBRが1.78倍、予想配当利回りは3.04%です。また、時価総額は91.06億円です。

割安度は業種平均より良いです。しかし、移動平均75日線を割り込むなど入るタイミングの難しい状況になっています。

 

【紹介時点株価】1,315円

【筆者推定高値】1400

 

売買単位100株

【最低購入金額】13万1500円

 

まとめ

[2169]CDSが紹介時点株価1,315円から1400まで上昇すると以下の理由から推定し、注目しています。

 

行列のできる注目株一覧はこちら

優待株はこちら

注目株の戦績はこちら

よくある質問はこちら

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【注目銘柄を探す】