3日は96円安 マネックスGがストップ高

gyouretu_top

3日の東京株式市場で日経平均株価は続落。終値は前日比96円29銭(0.45%)安の2万1292円29銭。[8698]マネックスグループは仮想通貨取引所のコインチェックに買収案を提示したと報道されたことが好材料となりストップ高となりました。

【指数】

TOPIXは1703.8と前日比-0.29%。東証二部指数は7216.32 と前日比-0.01%。ジャスダック平均は3999.99 と前日比-0.06%。マザーズ指数は1197.93 と前日比-0.61%。すべての指数が下落となりました。

 

【概況】

東証一部の出来高は13億1181万株。売買代金は概算で2兆2470億円。前日より出来高、売買代金ともに増加しましたが依然として取引は低水準です。東証一部の値上がり銘柄は全体の37%、値下がり銘柄は全体の58%でした。東証一部は売りが優勢の一日でした。

業種別でみると前日比プラスは33業種中11業種。値上がり率上位は水産・農林業、陸運業、小売業でした。値下がり率上位は石油・石炭製品、その他製品、海運業でした。

 

【アメリカ株式市場】

2日の米株式相場は大幅反落。ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比458ドル92セント(1.9%)安の2万3644ドル19セント。「FANG」と呼ばれるハイテク株への売りが続き、リスクオフのムードが高まりました。

S&P500は2,581.88と前日比-2.23%。ナスダック総合は6,870.12 と前日比-2.74%。主要3指数すべて大幅反落となりました。S&P500は過去2年間にわたって下値支持線となってきた200日移動平均線を下回りました。株式相場の予想変動率を示す変動性指数(VIX)は、前日比18.28%高の23.62と上昇しました。

 

【為替相場】

為替相場をみると、執筆時点で1ドル105円台後半となっています。移動平均25日線を下抜けしました。午前中はやや円安方向に進んでいましたが、狭い範囲での値動きとなっていました。午後に入っても緩やかに円安傾向となり、1ドル106円台となりました。

 

【今後の見通し】

2日のダウ平均は大幅反落でした。フェイスブック、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックス、グーグルの「FANG」と呼ばれるハイテク株への売りが続き、リスクオフのムードが高まりました。「FANG」に中国のアリババ集団などを加えた10銘柄で構成する株価指数「NYSE FANGプラス指数」は2日、3月中旬に付けた過去最高値を15%下回る水準まで下落しました。

日足チャートを見ると、移動平均5日線を下抜けしました。ダウ平均は一時、758ドル安の2万3344ドルまで下げ幅を拡大しました。これは2月の暴落時につけた安値2万3360ドルを下回るものでした終値は前営業日比458ドル92セント(1.9%)安の2万3644ドル19セントとなりました

アメリカ株式市場が大幅反落のなか、日経平均は安く寄りました。その後はジリジリと値を上げていますがあまり強い動きではありません。午前の時点で売買代金が1兆円を割れており、取引が低調であることも一因だと思われます。午前の終値は前営業日比187円安の2万1200円でした。

午後に入ると、下げ幅をさらに縮小しました。[8698]マネックスグループが仮想通貨取引所のコインチェックに買収案を提示したと報道されストップ高引けとなりました。日経平均は移動平均5日線付近で、陽線で終えることができました。終値は前日比96円安の2万1292円でした。

日足チャートを見ると、移動平均25日線に接近しています。しかし、しばらく上抜けできていないことを考慮すると明日は上昇できたとしても2万1500円台と限定的なものになるでしょう。

来週の主なイベントとしては、5日の米2月貿易収支、6日の米3月雇用統計があります。イベントをきっかけに相場が大きく変動する可能性があります。リスク管理に気をつけましょう。

 

 

行列のできる注目株一覧はこちら

優待株はこちら

注目株の戦績はこちら

よくある質問はこちら

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【注目銘柄を探す】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です