29日は127円高 北朝鮮の地政学的リスク後退

gyouretu_top

29日の東京株式市場で日経平均株価は反発。終値は前日比127円77銭(0.61%)高の2万1159円08銭。一時はマイナス転換する場面もありましたが、南北首脳会談の開催合意との報道が流れて地政学的リスクが後退したこともあり、反発となりました。

【指数】

TOPIXは1704と前日比+0.26%。東証二部指数は7165.19と前日比+0.31%。ジャスダック平均は3948.03と前日比+0.50%。マザーズ指数は1185.59と前日比+1.15%。マザーズ指数は続伸となりました。

 

【概況】

東証一部の出来高は13億2442万株。売買代金は概算で2兆5507億円。前日より出来高、売買代金ともに減少しました。東証一部の値上がり銘柄は全体の63%、値下がり銘柄は全体の32%でした。東証一部は買いが優勢の一日でした。

業種別でみると前日比プラスは33業種中20業種。値上がり率上位はサービス業、食料品、水産・農林業でした。値下がり率上位は鉱業、医薬品、鉄鋼でした。

 

【アメリカ株式市場】

28日の米株式市場ではダウ工業株30種平均が小幅に続落。終値は前日比9ドル29セント安の2万3848ドル42セント。引き続きハイテク株が売られる流れとなりました。

S&P500は2,605.00と前日比-0.29%。ナスダック総合は6,949.23と前日比-0.85%。主要3指数すべて続落となりました。ハイテク株比率の高いナスダック総合指数が主要3指数の中で下落率が一番高くなりました。株式相場の予想変動率を示す変動性指数(VIX)は、前日比1.64%高の22.87と上昇しました。

 

【為替相場】

為替相場をみると、執筆時点で1ドル106円半ばとなっています。朝方に一時107円台まで円安になりました。2017年10~12月期の米実質国内総生産(GDP)確報値は改定値から上方修正され、ドル高円安となりました。四半期末で機関投資家などが持ち高調整の円売り・ドル買いに動いたとの見方もあります。

日本の取引時間が開始したあたりから円高傾向になりました。日足チャートでみると移動平均25日線を上抜けしましたが、陰線を引いて再び円高傾向になっています。今の水準を維持し、再び円安に向かうか、25日線を下抜けしてしまうか注目が集まります。

 

【今後の見通し】

28日のダウ平均は続落でした。ハイテク株が引き続き売られ、半導体指数(SOX)が2.12%安となり1300台を割りました。また、トランプ米大統領が課税強化を検討していると報じられたアマゾン・ドット・コムの下げも目立ちました。終値は前日比9ドル29セント安の2万3848ドル42セントとなりました。

日足チャートを見ると、移動平均5日線付近を超えた場面もありましたが、その後は値を下げて前日とほぼ変わらずでした。5日線を超えて終えることができなかったのはマイナス材料で、今後上昇したとしても移動平均25日線あたりが上限と上値は重くなりそうです。

アメリカ株式市場が続落したものの、大きく円安に振れたため日経平均は高く寄りました。一時は前日比200円超の上昇をみせました。円安のため売り越していた海外投資家が買い戻しに動いたとの見方もあります。午前の終値は2万1153円と前日比122円高でした。

午後に入ると、値動きが激しくなりました。一時は前日比マイナスに転換する場面もありました。しかし、南北首脳会談を4月27日に開催することで合意との報道が流れて地政学的リスクが後退したこともあり、大引けににかけて買いが入りました。終値は前日比127円77銭(0.61%)高の2万1159円08銭でした。

4日連続高値引けとはならなかった日経平均ですが、本日の安値は移動平均5日線付近でとどまりそこから反発していることは評価できます。昨日のレポートで注目ポイントとして話していた5日線を上抜くことをクリアしたため、明日も上昇の期待ができます。

しかし、直近で2回押し返されてしまっている移動平均25日線が近くにあるため、上昇するといっても25日線付近の2万1600円台が上限になってくることが想定されます。さらに、週末を控えていることから積極的な買いは入りづらいと想定しています。

今週の主なイベントとしては、30日の2月有効求人倍率があります。イベントをきっかけに相場が大きく変動する可能性があります。リスク管理に気をつけましょう。

 

行列のできる注目株一覧はこちら

優待株はこちら

注目株の戦績はこちら

よくある質問はこちら

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【注目銘柄を探す】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です