28日は286円安 3営業日ぶり反落も3日連続高値引け

gyouretu_top

28日の東京市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反落。終値は前日比286円01銭(1.34%)安の2万1031円31銭だ。米株式市場のハイテク株を中心とした下落を受けて日本市場でも売りが優勢、配当落ちもあり3営業日ぶりの反落となりました。

【指数】

TOPIXは1699.56と前日比-1.02%。東証二部指数は7143.13と前日比-0.99%。ジャスダック平均は3928.51と前日比-0.56%。マザーズ指数は1172.13と前日比+0.64%。マザーズ指数のみ前日比プラスでした。

 

【概況】

東証一部の出来高は14億1231万株。売買代金は概算で2兆7387億円。前日より出来高、売買代金ともに減少しました。東証一部の値上がり銘柄は全体の27%、値下がり銘柄は全体の69%でした。東証一部は売りが優勢の一日でした。

業種別でみると前日比プラスは33業種中3業種。値上がり率上位は電気・ガス業、ゴム製品、空運業でした。値下がり率上位は石油・石炭製品、非鉄金属、鉱業でした。

 

【アメリカ株式市場】

27日の米株式相場は反落。ダウ工業株30種平均の終値は前日比344ドル89セント(1.4%)安の2万3857ドル71セント。前日上昇していた半導体関連株に利益確定売りが出ました

S&P500は2,612.62と前日比-1.73%。ナスダック総合は7,008.81と前日比-2.93%。主要3指数すべて反落となりました。ハイテク株比率の高いナスダック総合指数が大幅下落でした。株式相場の予想変動率を示す変動性指数(VIX)は、前日比6.99%安の22.50と上昇しました。

 

【為替相場】

為替相場をみると、執筆時点で1ドル105円半ばとなっています。朝方に105.3円台まで円高になっていましたが、日本の取引時間が開始したあたりから円安傾向になりました。日足チャートでみると移動平均25日線が接近しています。106円台前半まで円安になる可能性も考えられますが一貫とした円高トレンドは変わっておらず、上値の重い展開が続くでしょう。

 

【今後の見通し】

27日のダウ平均は反落でした。個人情報の流用問題でフェイスブック株への売りが続いたほか、マイクロソフトやゴールドマン・サックスなども下げたことで終値は前日比344ドル安の2万3857ドルとなりました。

日足チャートを見ると、移動平均5日線付近を超えた場面もありましたが、その後は値を下げて昨日の上昇分はほぼ解消されてしまいました。5日線を超えて終えることができなかったのはマイナス材料で、今後上昇したとしても移動平均25日線あたりが上限と上値は重くなりそうです。

アメリカ株式市場の反落を受け、日経平均は安く寄りました。一時は下げ幅が前日比500円超まで広がりました。日足チャートでみると移動平均5日線付近が高値となっています。午前の終値は2万0939円と前日比377円安でした。

午後に入ると、再び500円超下落する場面がありましたが、大引けにかけて下げ幅は縮小されました。終値は2万1031円と前日比286円安。ドル円相場がやや円安進行したことも要因だと考えられます。

終わりにかけて下げ幅を縮小し3日連続高値引けした日経平均ですが、高値は移動平均5日線付近となっています。明日はこの5日線を上抜いて上昇できるかが注目されると考えています。上抜けできる可能性はありますが、直近で2回押し返されてしまっている移動平均25日線が近くにあるため、上昇するといっても25日線付近の2万1600円台が上限になってくることが想定されます。

来週の主なイベントとしては、28日の米10-12月期GDP確報値、30日の2月有効求人倍率があります。イベントをきっかけに相場が大きく変動する可能性があります。リスク管理に気をつけましょう。

 

行列のできる注目株一覧はこちら

優待株はこちら

注目株の戦績はこちら

よくある質問はこちら

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【注目銘柄を探す】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です