SQとは?

今回は「SQ」について解説します。「SQ」は株取引にも大きく関わってくることなので、学んで投資に活かしましょう。

【SQとは?】

SQとは、Special Quotationの略で日経225先物などの株価指数先物取引、または株価指数のオプション取引などを、最終的な決済期日前で決済するための「特別な価格」のことを指します。 特別清算指数、最終清算指数、SQ値などと呼ばれます。

 

【SQ値の算出方法】

SQ値は、指数算出日における各指数構成銘柄の始値に基づいて算出され、大引け後大阪取引所より発表されます。満期日前に反対売買による決済を行わない時の清算価格として使用されます。

SQ値の算出日は限月の第2金曜日です。日経225先物取引であれば、3,6,9,12月の第2金曜日です。これをメジャーSQと呼ぶこともあります。日経225先物mini取引であれば限月の第2金曜日です。

 

【SQが注目される理由】

SQが注目される理由は、先物取引のシステムが関係しています。信用取引や先物取引の取引を完了するためには、通常、反対売買をおこなう必要があります。しかし、先物は期日までに反対売買しなくても決済をすることができます。それがSQなのです。

たとえば、日経平均株価が下落すると想定し、日経225先物を大量に売っていたとします。そうすると決済のために反対売買をおこなうとすると買い戻す必要があります。大量の売建玉を買い戻そうとするとそれが買い圧力となり、価格が上昇し利益が減ってしまいます。

そこでSQを利用して清算するとどうなるでしょうか。買い戻しをしなくても指数算出日における各指数構成銘柄の始値に基づいて算出されたSQ値で清算されるため、自らの反対売買で利益を減少させることはなくなります。

また、日経225先物を大量に売っていた後日経平均株価が上昇した場合はどうでしょうか。上昇した分損失を被っている上に、反対売買でさらに損失を拡大させる可能性もあります。そこで指数を構成している銘柄を売ります。そうすると日経平均株価は下落します。後はSQ算出日まで待てば損失を減らす、または利益を出すことができます。これは機関投資家の膨大な資金力があれば可能です。

このような背景があるため、SQが近くなると相場が大きく動くことがあります。

 

まとめ

  • SQとは、最終的な決済期日前で決済するための「特別な価格」のことを指す
  • SQ値は、指数算出日における各指数構成銘柄の始値に基づいて算出され、大引け後大阪取引所より発表される
  • SQという先物取引特有の決済システムがあるため、SQが近くなると相場が大きく動くことがある

 

行列のできる注目株一覧はこちら

注目株の戦績はこちら

よくある質問はこちら

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【注目銘柄を探す】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です