PCFR(株価キャッシュフロー倍率)とは?

今回は「PCFR(株価キャッシュフロー倍率)」について解説します。「PCFR(株価キャッシュフロー倍率)」を学んで株式投資に活かしましょう。

【PCFR(株価キャッシュフロー倍率)とは?】

PCFRとは、株価を割安かどうかを判断する時に使用する指標の一つです。日本語では、「株価キャッシュフロー倍率」と呼ばれています。

PCFRの特長として挙げられるのは、減価償却方法の異なる企業を比較可能にすることです。企業の国際比較をおこなう際によく利用されています。

 

【PCFRの計算方法】

PCFRは以下のように計算します。

PCFR=株価÷1株あたりのキャッシュフロー

ここで使用する1株あたりのキャッシュフローは、営業キャッシュフローを発行株式数で割ったものです。簡便的に、当期純利益(税引後利益)に減価償却費を加えたものを発行株式数で割ったものを利用する場合もあります。

 

【PCFRの目安】

 

PCFRは、低ければ低いほど割安と判断されます。また、目安は一説には10倍と言われています。

あまり一般的な指標ではないため、この指標が低いからと言って買われやすくなるかというと、そうとは言い切れません。

以前紹介したPERやPBRとあわせて利用するほうが良いでしょう。

PER(株価収益率)とは?

PBR(株価純資産倍率)とは?

 

まとめ

  • PCFRとは、株価を割安かどうかを判断する時に使用する指標の一つ
  • 企業の国際比較をおこなう際によく利用される
  • PCFRは低ければ低いほど割安と判断され、目安は一説には10倍と言われている

 

行列のできる注目株一覧はこちら

注目株の戦績はこちら

よくある質問はこちら

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【注目銘柄を探す】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です