株価と金利の関係とは?

今回は株価と金利の関係について解説します。株価と金利の関係について学んで、株式投資に活かしましょう。

【株価と金利の関係とは?】

基本的には金利が上昇すると株価は下落し、金利が下落すると株価は上昇します。

当サイトのレポートにも書いてあるとおり、最近は米長期金利が上昇しており、ダウ平均をはじめとした米株式市場の株価が下落しています。

それは次のような理由があるからです。

 

【金利が上昇すると?】

金利が上昇すると、債券等の利回りが高くなります。そうすると機関投資家などは株式への投資をやめ、債券へ資金を移動させます。

株式への投資はリスクが高く、債券で資金を運用する方がリスクが低いためです。

資金を移動する際に株式が売却されることで株価が下落するため、金利が上昇すると株価は下落するのです。

 

【金利上昇の影響は企業業績にも】

金利が上昇すると銀行から借入をする時の負担が大きくなります。資金調達しづらくなると、設備投資を控える企業が増加します。

そうすると設備投資を事業としている企業の業績は下がります。また、設備投資を控えた企業の業績拡大も限定的になります。

基本的に企業の業績が下がれば株価は下落します。資金が移動する以外にも、このような理由で株価は下落します。

 

【金利が下落すると?】

金利が下落すると、債券の利回りが低くなります。リターンを求めて資金を運用している機関投資家は、株式へ資金を移動させます。

リスクは高くなりますが、債券利回りが求めているリターンに到達しないとなれば株式で運用せざるを得ないのです。

このように資金が流入することで、株価は上昇します。

また、金利が下がれば設備投資等に必要な資金調達が容易になります。住宅ローンの金利が下がることで、個人の住宅購入需要が高くなります。

設備投資が活発になれば関連企業の業績は良くなり、住宅購入需要が高くなれば建設業や不動産業の業績が良くなります。

業績向上によって株価が上昇します。そのため、金利が下落することで株価が上昇すると考えられています。

 

【教科書通りの動きをするとはかぎらない】

ここまでは理論上の話をしてきました。しかし、相場がいつも教科書通りの動きをするとは限らないということを頭の隅に入れておいた方がよいでしょう。

金利が上昇する時は、景気が上向きであると認識されているからです。景気が良いということは、企業の業績もまた良くなっていると考えられます。

企業の業績が良くなれば株価は上昇します。金利上昇は業績拡大に水を差すこともありますが、そこはバランス次第だとも思います。

基本的なメカニズムは意識しつつ、実際にどのように影響があるか見極めましょう。

 

まとめ

  • 金利が上昇すると株価は下落し、金利が下落すると株価は上昇する
  • 金利が上昇し、株式から債券へ資金が移動ことで株価は下落する
  • 金利が上昇し、設備投資を控える企業が増えることで株価は下落する

 

行列のできる注目株一覧はこちら

注目株の戦績はこちら

よくある質問はこちら

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【注目銘柄を探す】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です