ディフェンシブ銘柄とは?

再び下落しはじめた日経平均。今回は「ディフェンシブ銘柄」について解説します。「ディフェンシブ銘柄」を学んで守りの強い投資法を身に着けましょう。

【「ディフェンシブ銘柄」とは?】

「ディフェンシブ銘柄」とは、業績が景気に左右されにくく、安定している銘柄のことです。相場が不安定な時に好まれる傾向があると考えられています。

 

【「ディフェンシブ銘柄」の業種】

ディフェンシブ銘柄と呼ばれるのは、生活必需品である食品や医薬品や、社会インフラである電力・ガス、鉄道、通信といった業種の銘柄です。

これらの業種は、「不景気だからといって利用を控える」といったことが起きないため、業績が安定しやすいです。

業績は株価に大きな影響を与えるため、安定していれば株価も安定する傾向にあります。なので、防御的な「ディフェンシブ銘柄」と呼ばれます。

 

【ディフェンシブ銘柄のデメリット】

相場が不安定な時に活躍するディフェンシブ銘柄ですが、弱点もあります。それは、成長性はあまり期待できないという点です。

「不景気だからといって利用を控えることはない」ことが強みの業種ですが、好景気だから使用の頻度が高くなるというものでもありません。たとえば景気が良いからといって薬の量を増やすという方はいらっしゃらないと思います。

急成長企業の銘柄は株価も急騰しやすいですが、ディフェンシブ銘柄には成長性があまり期待できないため、そのように株価が急騰するという可能性も高くありません。キャピタルゲイン狙いよりはインカムゲイン狙いに有効な銘柄だと言えます。

 

まとめ

  • 「ディフェンシブ銘柄」とは、業績が景気に左右されにくく、安定している銘柄
  • ディフェンシブ銘柄と呼ばれるのは、食品や医薬品、電力・ガス、鉄道、通信
  • インカムゲイン狙いに有効な銘柄

 

行列のできる注目株一覧はこちら

注目株の戦績はこちら

よくある質問はこちら

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【注目銘柄を探す】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です