低位株(ボロ株)とは?

今回は「低位株」について解説します。低位株の特徴を学んで、株式投資に活かしましょう。

【「低位株」とは?】

低位株とは、その株価が全体の相場水準と比べ、安いものを指します。よく言われている「割安株」とは別のもので、株価自体が低く一般的には500円以下や300円以下のものが低位株と呼ばれています。

さらに100円以下の低位株は「超低位株」や「ボロ株」と呼ばれることもあります。

 

【「低位株」の特徴】

低位株は、安いゆえに少額の変動でも変動率が高くなります。株価1000円の銘柄が10円上昇しても、変動率は1%にしかなりませんが、株価100円の銘柄が10円上昇すると変動率は10%になります。

また、最低投資金額が低いことから個人投資家に好まれるという傾向があります。

 

【「低位株」投資の注意点】

変動率が高いことから少額投資で大きく利益を出せる可能性があるという点をみれば、低位株投資は魅力的に映るかもしれません。

しかし、株価が安いということは現状では市場から評価されていないということを意味します。

「なぜ評価されていないのか?」を知ることが大事です。

上場廃止や倒産の可能性があったり、悪材料を持っているということが考えられます。また、テクニカル分析が通用しづらいといった面もあります。

大きく利益を出せる可能性のある投資法には、相応のリスクがあることを認識しましょう。

 

まとめ

  • 低位株とは、その株価が全体の相場水準と比べ、安いものを指す
  • 低位株は、安いゆえに少額の変動でも変動率が高くなる
  • 「なぜ評価されていないのか?」を知ることが大事

 

行列のできる注目株一覧はこちら

注目株の戦績はこちら

よくある質問はこちら

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【注目銘柄を探す】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です