「パワー半導体関連銘柄」とは?

株式市場で注目度が上がってきた「パワー半導体関連」というテーマ。今回は「パワー半導体関連関連銘柄」について解説します。「パワー半導体関連」は電気自動車(EV)にも関わりの深いテーマとなっています。

【「パワー半導体関連銘柄」とは?】

まずはパワー半導体について説明しましょう。パワー半導体とは、電気エネルギーの制御や供給に用いられる半導体のことです。

CPUやメモリーが人間で言えば頭脳に当たるのに対し、パワー半導体は筋肉に当たると言われています。エアコンや冷蔵庫のほか、自動車や鉄道にも用いられています。

「パワー半導体関連関連銘柄」とは、パワー半導体に関連した部品や製品、製造装置を取り扱ったり、開発している企業の株のことです。

このテーマが現在、株式市場に参加する投資家に注目されており、銘柄によっては今後大きな上昇が期待できます。

 

【「パワー半導体関連銘柄」が注目される理由】

「パワー半導体関連銘柄」が注目されている理由は、今後の電気自動車(EV)化の進展で需要が一段と膨らむと考えられているからです。

パワー半導体には、直流電気を交流に変換するインバーターという機能があります。インバーターにはモーターの回転を制御する役割があります。インバーターを用いれば無駄が減らせるため省エネ化できます。

電気自動車市場が盛んになっている今、モーターの制御に不可欠なパワー半導体は大きく需要が伸びると考えられています。富士経済の予測では、パワー半導体市場が25年に16年比31.2%増の3兆1799億円になると言われています。

そのような背景から、「パワー半導体関連銘柄」は多くの投資家から注目を集めています。

 

【なぜ注目テーマ株に投資した方がいいのか?】

注目テーマ株に投資した方がいいと考えられている理由は、「注目している人が多いほど株価も上がりやすいから」です。

注目されている銘柄は参加している人が多いため、値動きが激しくなります。値動きが激しくなれば、上がる時は急上昇します。逆に、注目されていない閑散した銘柄は平常時は値動きがほとんどなく、その銘柄にとって良い情報が出たとしてもあまり上昇しない時があります。

市場から注目される銘柄は、注目テーマの関連銘柄であることが多いです。このような理由から、注目テーマ株に投資する方が良いと考えられています。

 

【注目テーマ株投資のデメリット】

ここまでは注目テーマ株投資のメリットについて書いてきました。ここからはデメリットについてお伝えします。

注目テーマ株投資のデメリットは、「高値づかみをしてしまう可能性があること」です。

注目している人が多いとすでに買われて高値圏にあることがあります。それを買ってしまうと大きく儲けることは難しいですし、下落する時のスピードも速いためすぐに損切りできないと損失が拡大してしまいます。

また、注目テーマには旬というものがあります。旬がすぎると大抵のものは腐ってしまいます。旬が過ぎたと感じたらすぐに捨てられる判断力が求められます。

早く儲けられる可能性がある分、損する時もまた早いため、損切りが苦手な人には難しい投資手法だと考えています。

 

まとめ

  • パワー半導体とは、電気エネルギーの制御や供給に用いられる半導体のこと
  • 「パワー半導体関連銘柄」が注目されている理由は、今後の電気自動車(EV)化の進展で需要が一段と膨らむと考えられているから
  • 注目テーマ株に投資すると急騰銘柄をつかめる時があるが、損する時もまた早い

 

行列のできる注目株一覧はこちら

注目株の戦績はこちら

よくある質問はこちら

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【注目銘柄を探す】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です