今日の行列銘柄 [6927]ヘリオステクノホールディング

今回は行列銘柄として[6927]ヘリオステクノホールディングを紹介します。紹介時点株価1,078から筆者推定高値1150円まで上昇すると以下の理由から推定し、注目しています。

 

【[6927]ヘリオステクノホールディングとは?

[6927]ヘリオステクノホールディングは事業がプロジェクター用ランプ、精密印刷機、技術者派遣の三本柱となっている企業です。

ランプ事業の特徴は、「オリジナル仕様のランプ開発にあり、標準品ではなく、お客さまの個別の仕様に対応したオリジナルランプを提供しています」とのことです。

人材サービス事業は、「全国の大手メーカー、研究所の設計・開発・製造分野に技術者を派遣し、エンジニアリング部門の大規模な請負業務及び技術支援を主に行っています」とのこと。

紹介時点では東証一部に上場。業種は電気機器に属しています。

 

銘柄の注目ポイント

収益性

自己資本利益率を表すROEは12.6%、予想ROEは17.0%となっています。

比較企業として挙げられる[6629]テクノホライゾン・ホールディングスはROE-2.9%、予想ROE7.7%です。

ご覧頂いているように比較企業を上回る収益性があり、収益性は高いといえます。また、その高さは業種平均の収益性を上回ります。

また、自己資本比率は55.5%と一般的な目安と言われる40%を上回っております。さらに業種平均を上回っていますので、安全性も高いといえるでしょう。

 

【業績好調】

2月6日に決算を発表。18年3月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比2.0倍の27.1億円に急拡大。さらに、通期の連結経常利益を従来予想の26億円から28.8億円に10.8%上方修正。増益率が89.1%増から210%増に拡大し、12期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなりました。

上記の決算からもわかるように成長性は高く、その高さは業種平均を上回っています。特に製造装置事業は「売上高は前年同期比51.9%増の119億72百万円、セグメント利益は、前年同期比103.5%増の28億87百万円となりました。 」と[6927]ヘリオステクノホールディングの成長に寄与していることがわかります。

また、修正の理由として「製造装置事業において、露光装置用光源ユニット装置が通期見込みを上回る見通しとなり」とあることから、製造装置事業が好調であることがうかがえます。

 

【株主優待制度あり】

[6927]ヘリオステクノホールディングは執筆時点で株主優待制度を導入しています。優待の内容は地方特産物等で、権利確定月は3月です。

1,000株以上
地方特産物等
※17年は兵庫県三田産松茸昆布・松茸佃煮

【人材派遣関連銘柄

[6927]ヘリオステクノホールディングは市場で注目されているテーマ「人材派遣関連」銘柄の一角であると考えられます。同社は「平成30年3月期 第3四半期決算短信」において、「技術者派遣、設計請負については、地域密着型の事業のため、スタッフの質的向上、顧客ニーズにあった対応を行い、営業強化を図り安定した業績で推移」と述べています。

その結果、「当第3四半期連結累計期間において、売上高は前年同期比20.6%増の32億74百万円、セグメント利益は、前年同期比26.2%増の1億79百万円」と業績は拡大しています。

 

上でも書いた通り、今は製造装置事業が牽引している部分が大きいですが、「人材派遣関連」銘柄としても今後の成長に期待したいところです。

 

割安度

紹介時点では、1株あたりにつき何倍まで株が買われているかを表す予想PERは9.5倍、1株あたり純資産につき何倍まで買われているかを表す実績PBRは1.73倍、予想配当利回りは2.78%です。時価総額は245.86億円です。

割安度は業種平均より良いため、割安度は高いと考えられます。

 

【紹介時点株価】1,078円

【筆者推定高値】1150

 

売買単位100株

【最低購入金額】10万7800円

 

まとめ

[6927]ヘリオステクノホールディングが紹介時点株価1,078円から1150まで上昇すると以下の理由から推定し、注目しています。

 

行列のできる注目株一覧はこちら

注目株の戦績はこちら

よくある質問はこちら

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【注目銘柄を探す】