「自動運転関連銘柄」とは?

株式投資には様々なテーマが存在しますが、今回は「自動運転関連銘柄」について解説します。相場が注目するテーマの関連銘柄に投資することで資産増加のチャンスが生まれます。

【「自動運転関連銘柄」とは?】

「自動運転関連銘柄」とは、自動運転に関連した製品を取り扱ったり、開発している企業の株のことです。

このテーマが現在、株式市場に参加する投資家に注目されており、銘柄によっては今後大きな上昇が期待できます。

 

【「自動運転関連銘柄」が注目される理由】

自動運転関連銘柄に注目が集まる理由は、自動車販売業をはじめとして多くの企業が自動運転の実現に取り組んでおり、盛り上がっているためです。実現した時に大きいシェアを確保できれば、企業の業績拡大につながります。その期待もこめて、市場に参加している投資家は注目しています。

2月23日、[7201]日産自動車と[2432]ディー・エヌ・エーが3月5日から約2週間、自動運転車を使った交通サービス「イージーライド」の実証実験を横浜市内で行うことが発表されました。このように実現に向けて各社が取り組んでいます。

自動運転の実現には多くの課題がありますが、実証実験等が活発に行われているため今後も市場の重大テーマとして注目されるでしょう。

当サイトでも、自動運転関連銘柄に注目して紹介したことがあります。[6904]原田工業は2017年3月期の有価証券報告書で「自動車アンテナ分野においては、ADAS(Advanced Driver Assistance Systems)関連製品の開発に重点を置き、自動運転技術に必要な各種アンテナ及び関連製品の開発に着手しております」と述べています。

[6904]原田工業は紹介した一週間後には一時12.2%の上昇を記録しました。執筆時点では、その後もさらに上昇を続けており、今後の株価にも期待がもてます。

今日の行列銘柄 [6904]原田工業

注目銘柄[6904]原田工業、紹介時点から一時12.2%上昇

【なぜ注目テーマ株に投資した方がいいのか?】

注目テーマ株に投資した方がいい理由は、「注目している人が多いほど株価も上がりやすいから」です。

注目されている銘柄は参加している人が多いため、値動きが激しくなります。値動きが激しくなれば、上がる時は急上昇します。逆に、注目されていない閑散した銘柄は平常時は値動きがほとんどなく、その銘柄にとって良い情報が出たとしてもあまり上昇しない時があります。

市場から注目される銘柄は、注目テーマの関連銘柄であることが多いです。このような理由から、注目テーマ株に投資する方が良いと考えられています。

 

【注目テーマ株投資のデメリット】

ここまでは注目テーマ株投資のメリットについて書いてきました。ここからはデメリットについてお伝えします。

注目テーマ株投資のデメリットは、「高値づかみをしてしまう可能性があること」です。

注目している人が多いとすでに買われて高値圏にあることがあります。それを買ってしまうと大きく儲けることは難しいですし、下落する時のスピードも速いためすぐに損切りできないと損失が拡大してしまいます。

また、注目テーマには旬というものがあります。旬がすぎると大抵のものは腐ってしまいます。旬が過ぎたと感じたらすぐに捨てられる判断力が求められます。

早く儲けられる可能性がある分、損する時もまた早いため、損切りが苦手な人には難しい投資手法だと考えています。

 

まとめ

  • 「自動運転関連銘柄」とは、自動運転に関連した製品を取り扱ったり、開発している企業の株のこと
  • 自動運転関連銘柄に注目が集まる理由は、自動車販売業をはじめとして多くの企業が自動運転の実現に取り組んでいるから
  • 注目テーマ株に投資すると急騰銘柄をつかめる時があるが、損する時もまた早い

 

行列のできる注目株一覧はこちら

注目株の戦績はこちら

よくある質問はこちら

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【注目銘柄を探す】