消費者物価指数(CPI)とは?

株式投資には様々な用語が登場しますが、今回は消費者物価指数(CPI)について解説します。消費者物価指数は国民の生活水準を示す指標の一つです。

【消費者物価指数(CPI)とは?

消費者物価指数とは、消費者が購入するモノやサービスなどの物価の動きを把握するための統計指標です。日本であれば総務省から、アメリカであれば労働省労働統計局から毎月発表されています。CPI(Consumer Price Index)と呼ばれることもあります。

物価は、国民のお金回りが良くなり、モノを買う人が多くなれば上昇率が高まり、逆にお金回りが悪くなり、モノを買う人が少なくなると、上昇率が下降する傾向にあるため、「経済の体温計」とも呼ばれています。

 

【消費者物価指数と株価の関係】

消費者物価指数が上昇するということは、インフレが起きているということです。インフレは貨幣価値が減少することです。そのままでは資産価値が目減りしてしまうので、これ以上物価が上がる前に物を買おうとさらに消費が多くなります。

消費が多くなればさらに物価が上昇するという循環が起き、景気が過熱していきます。景気が良くなれば株価も上昇する傾向にあるため、消費者物価指数の上昇は株価上昇に寄与すると思われるでしょう。しかし、物価上昇にともない金利が上昇することで株価は下落する傾向にあると考えられています。

消費が増えればお金はどんどん外へ出ていきます。金融機関はお金の流出を防ぐために、より有利な高い金利を預金者に提示するようになります。

一方、企業はモノやサービスの需要が高まるので、供給を増やそうと設備投資をします。設備投資をするために資金の借入をおこないますが、借入需要が高くなれば金利は高くなります。

消費者は金利が高くなれば、預金にお金を回すようになります。企業は金利が高くなることで、設備投資を控えるようになります。そうなると、市場からお金が減っていきます。

市場からお金が減ることは、株式市場に入っていた資金が減ることも意味します。そうなると、株価が下落するということになります。

これが、物価が上昇すると、金利も上昇し、株価が下落するメカニズムです。ここ最近、米長期金利が上昇したことでアメリカ市場をはじめ日本市場も大きく下落したのは、こういったメカニズムが働いていたためです。あるいは、そう考えられているから金利上昇をきっかけに株価が下落したということです。

 

【教科書通りの動きをするとはかぎらない】

ここまでは理論上の話をしてきました。ここ最近の大幅下落も先述のメカニズムで説明することができます。しかし、相場がいつも教科書通りの動きをするとは限らないということを頭の隅に入れておいた方がよいでしょう。

たとえば日本は「円高になれば株安になる」という株式投資をしていれば常識とも言える定説があります。しかし、ある程度連動することはあっても、ぴったり同じ動きをすることはありません。「円高になれば株安になる」傾向があるというくらいが、様々なことを柔軟的に考えられると思います。

しかし、理論的に正しい傾向をまったく無視した投資は長続きしないでしょう。教科書通りの動きをしない時もありますが、円高になった時は株安に備えようとする姿勢は常に求められると考えています。

知識を詰め込みすぎると動けなくなる時がありますが、守ってくれるのもまた知識だということを覚えていただきたいです。

 

まとめ

  • 消費者物価指数とは、国民の生活水準を示す指標
  • 物価が上昇すると、金利も上昇し、株価が下落する
  • 教科書通りの動きをするとはかぎらない

 

行列のできる注目株一覧はこちら

注目株の戦績はこちら

よくある質問はこちら

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【注目銘柄を探す】