PBR(株価純資産倍率)とは?

株式投資には様々な用語が登場しますが、今回はPBR(株価純資産倍率)について解説します。PBRを見ることでその株が割安かどうか確認することができます。

【PBR(株価純資産倍率)とは?

 

PBRとは、Price Book-value Ratioの略で、1株当たりの純資産に対し、株価が何倍まで買われているかを表しています。日本語では株価純資産倍率と呼ばれています。

現在の株価が企業の資産価値(解散価値)に対して割高か割安かを判断する目安として利用され、数値が低いほど割安と判断されます。

 

【PBRの目安は?】

 

PBRが1倍ということは、株価と企業の資産価値(解散価値)が同じであることを意味しています。株主には、株式会社が解散したとき、持ち株数に応じて残された会社の資産を分配してもらう権利があります。株価と企業の資産価値(解散価値)が同じであるということは、理論上は投資している企業が解散したとしても、投資金額は回収できるということです。

なので、PBR=1倍が一つの目安とされます。もしPBR=1倍を割っていれば、その企業には株価以上の資産価値があるということから割安だと考えられます。また、そういった状態はいずれ解消されると考えられれば値上がりが期待できます。

 

【PBR1倍割れは買い?】

ここまで読んでいただいた方の中には、もし企業が解散しても投資金額は回収できるとすれば、PBR1倍を割り込んだ銘柄を購入することで儲けることができると考えている方もいると思います。しかし、これは現時点での話。PBR1倍割れの企業についてよく調べなければなりません

たとえば赤字続きの企業だった場合。赤字が続けば純資産が減少していきます。純資産が減少し、株価がそのままである場合PBRは上昇し、割高になります。

1株当たりの純資産が200円で株価が100円の場合、PBR=0.5倍になります。1株当たりの純資産が50円に減少すると、PBR=2倍になります。

PBRの上昇にともない、PBR=0.5倍の水準まで売られてしまうと株価は25円になってしまいます。これが、PBR1倍割れの企業が必ずしも買いではない理由です。

このほかにも成長性が期待できない、これから衰退していくと予想される企業にもPBRは役立ちません。

これらの企業に投資することを回避するためにも、直近の業績はどうか、利益を出しているかを確認する必要があります。

 

まとめ

  • PBRとは、現在の株価が企業の資産価値に対して割安かどうか判断する指標
  • PBR=1倍が一つの目安
  • PBR1倍割れの企業は業績や将来性を確認

 

行列のできる注目株一覧はこちら

注目株の戦績はこちら

よくある質問はこちら

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【注目銘柄を探す】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です