コインチェック問題でセキュリティ関連が上昇

gyouretu_top

29日の東京株式市場で日経平均株価は4日続落。前週末比2円54銭(0.01%)安い2万3629円34銭で終えました。仮想通貨取引所のコインチェックから仮想通貨NEMが流出した騒動を受けて、情報セキュリティ関連銘柄に資金が集まりました。

【概況】

東証一部の売買代金は概算で2兆5939億円。中国市場の下落や円相場が1ドル108円台と円高であることが嫌気されてか、日経平均は午後に入ると急落。4日連続陰線となりました。

業種別でみると前日比プラスは33業種中17業種。値上がり率上位は石油・石炭製品、化学、卸売業でした。一方、建設業が値下がり率上位でした。

TOPIXは+0.06%の1880.45 。東証二部指数は+0.17%の7668.5 。ジャスダック平均は-0.07%の4295.65 。マザーズ指数は-1.30%の1334.35 。新興市場が苦戦、特にマザーズ指数の下げが顕著でした。

注目銘柄では、1月18日に紹介した注目銘柄[5358]イソライト工業が紹介時点株価1161円から一時20.6%上昇の1400円をつけました。年初来高値を更新し、今後の上昇にも期待がもてます。

今日の行列銘柄 [5358]イソライト工業

また、昨年11月27日に紹介した注目銘柄[3901]マークラインズが紹介時点株価1094円から一時82.8%上昇の2000円をつけました。節目の2000円を超えて更に上昇するか注目です。

注目銘柄[3901]マークラインズ紹介時点から一時82.8%上昇

【アメリカ株式市場】

26日の米株式市場でダウ平均は3日続伸。前日比223ドル92セント(0.8%)高の2万6616ドル71セントで終え、連日で過去最高値を更新しました。業績相場が好調に推移しています。

ナスダック総合、S&P500も上昇し、主要3指数そろって過去最高値更新を更新しました。

 

【今後の見通し】

4日連続陰線となっている日経平均。前場に成行買いすると高値づかみになってしまう危険性のある相場になっていると考えています。注文の出し方に気をつけたいところです。また、移動平均25日線が迫っています。2万3500円付近で反発すればよいですが、25日線を割り込んでしまうと、円高も相まってさらに下げることも予想されます。

今週以降は決算発表が100社以上の日が多くなります。保有銘柄の日程を再度確認し、ポジション調整等リスク管理をおこないましょう。

また、今週の主なイベントとして1月30日に日本の12月有効求人倍率、1月30日から31日にかけてFOMC、2月2日には米1月雇用統計があります。

個別株は決算による動きが中心になってくるでしょう。全体的には日経平均が3日連続陰線と盛り上がりに欠けているので、この流れを引き継ぐならば来週も上値の重い展開になると考えています。

行列のできる注目株一覧はこちら

注目株の戦績はこちら

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【注目銘柄を探す】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です