来週は決算発表本格化

gyouretu_top

26日の東京株式市場で日経平均は3日続落。前日比37円61銭(0.16%)安の2万3631円88銭で終えました。アメリカのトランプ大統領が「私は強いドルがみたい」と発言し、一時1ドル110円目前まで円安方向に振れましたが、再び円高が進行しつつあります。

【概況】

東証一部の売買代金は概算で2兆9075億円。週末を控えて取引が減少し、3兆円割れとなりました。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁は、最近のユーロ高への懸念は明確には示さなかったと受け止められたらしく、ユーロ高傾向は今後も続きそうです。

業種別でみると前日比プラスは33業種中11業種。値上がり率上位は繊維製品、精密機器、その他製品でした。一方、石油・石炭製品が-4.01%と大幅に下落し値下がり率上位でした。

TOPIXは-0.27%の1879.39 。東証二部指数は-0.37%の7655.62 。ジャスダック平均は+0.47%の4298.48 。マザーズ指数は+0.24%の1351.89。新興市場が活況で、小型株に資金が集まる展開となりました。

また、1月18日に紹介した注目銘柄[5358]イソライト工業が紹介時点株価1161円から一時11.5%上昇の1294円をつけました。年初来高値を更新し、今後の上昇にも期待がもてます。

注目銘柄[5358]イソライト工業紹介時点から一時11.5%上昇

 

【アメリカ株式市場】

25日の米株式市場ではダウ平均が続伸。前日比140ドル67セント(0.5%)高の2万6392ドル79セントで終え、連日で過去最高値を更新しました。前日のムニューシン財務長官のドル安容認発言をトランプ大統領の「私は強いドルがみたい」発言が打ち消した形になり、ドル高容認発言が上値を重くしました。

ナスダック総合は続落。S&P500は上昇し、過去最高値更新を更新しました。

 

【今後の見通し】

来週以降は決算発表が100社以上の日が多くなります。保有銘柄の日程を再度確認し、ポジション調整等リスク管理をおこないましょう。

また、来週の主なイベントとして1月30日に日本の12月有効求人倍率、1月30日から31日にかけてFOMC、2月2日には米1月雇用統計があります。

個別株は決算による動きが中心になってくるでしょう。全体的には日経平均が3日連続陰線と盛り上がりに欠けているので、この流れを引き継ぐならば来週も上値の重い展開になると考えています。

行列のできる注目株一覧はこちら

注目株の戦績はこちら

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【注目銘柄を探す】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です