今日の行列銘柄 [3940]ノムラシステムコーポレーション

今回は高収益銘柄として[3940]ノムラシステムコーポレーションを紹介します。紹介時点株価1460から筆者推定高値1600まで上昇すると以下の理由から推定し、注目しています。

 

【[3940]ノムラシステムコーポレーションとは?

[3940]ノムラシステムコーポレーションはクライアント企業の経営課題に対して 解決策を提示し、IT(情報技術)を活用して解決の支援をおこなっている企業です。

クライアント企業が抱える経営課題とは、以下のことでこれらを解決を支援することで、クライアント企業の成長・成功を支え続けるとのことです。

  • 売上拡大
  • コスト削減
  • 組織・人材の強化

紹介時点ではジャスダック市場に上場。業種は情報・通信業に属しています。時価総額は82.20億円です。

 

銘柄の注目ポイント

 

業績好調

11月6日に決算を発表。17年12月期第3四半期累計の経常利益(非連結)は前年同期比47.6%増の3.3億円に拡大。さらに、通期の同利益を従来予想の3.3億円から3.7億円に12.2%上方修正。増益率が7.4%増から20.5%増に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想をさらに上乗せしました。

 

高い収益性

自己資本利益率を表すROEは11.8%、予想ROEは14.2%となっています。

比較企業として挙げられる[4335]アイ・ピー・エスのROEは9.4%、予想ROEは11.9%です。

比較企業より収益性は高く、収益性はかなり高いことがわかります。その高さは業種平均を上回っています。

また、自己資本利益率は85.7%と一般的な目安と言われる40%を超えております。業種平均よりも高いことから安全性も高いといえます。

 

【紹介時点で株主優待制度はなし】

[3940]ノムラシステムコーポレーションは紹介時点では株主優待制度がありません。

しかし、優待廃止による暴落リスクはないということです。急な暴落リスクが一つ少ないということは投資をする上でメリットがあるといえます。

 

【ERP導入】

[3940]ノムラシステムコーポレーションは、独SAP社が提供するERP(統合基幹業務システム)導入コンサルや保守サービスを展開しています。

ERPとは、企業経営の基本となる資源要素(ヒト・モノ・カネ・情報)を統合的に管理することで効率的な経営を目指す概念です。

Enterprise Resources Planning の略であり、日本語に直すと「企業資源計画」となります。

「経営資源の有効活用」はすべての企業にとって重要なことです。先程も書きましたが、「売上拡大」「コスト削減」「組織・人材の強化」という課題解決が必要な企業があるかぎり、[3940]ノムラシステムコーポレーションの活躍する場面があるといえるでしょう。

 

割安度

紹介時点では、1株あたりにつき何倍まで株が買われているかを表す予想PERは30.2倍、1株あたり純資産につき何倍まで買われているかを表す実績PBRは4.16倍です。

割安度は業界平均よりやや悪く、割高感があります。

 

【紹介時点株価】1460

【筆者推定高値】1600

 

売買単位100株

【最低購入金額】14万6000円

 

まとめ

[3940]ノムラシステムコーポレーションが紹介時点株価1460円から1600まで上昇すると以下の理由から推定し、注目しています。

 

行列のできる注目株一覧はこちら

注目株の戦績はこちら

よくある質問はこちら

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ air_rank

 

【ほかの注目銘柄を探す】