明日は権利付最終日

gyouretu_top

25日の東京株式市場で日経平均は続伸。前週末比36円42銭(0.16%)高の2万2939円18銭で終えました。終値ベースで11日以来、2週間ぶりに年初来高値を更新。これは1992年1月9日以来およそ26年ぶりの高値となります。

じわりじわりとではありますが、2万3000円に近づきつつあります。

薄商いの中で、午前の株安を受けて日銀ETF買い観測が広がり相場を押し上げたとの見方も。


東証一部の売買代金は概算で1兆5458億円と、2015年12月28日以来、約2年ぶりの低水準でした。約2年ぶりの薄商いともなると、相場が動かなかったことを肌に感じました。

 

業種別でみると前日比プラスは33業種中23業種。値上がり率上位は金属製品、化学、石油・石炭製品でした。一方、海運業が値下がり率トップでした。

 

TOPIXは0.16%プラス1831.93。東証二部指数は0.14%プラス7185.43。ジャスダック平均は0.28%マイナス3891.12。マザーズ指数は0.94%マイナス1196.61

 

今後の見通し

税制上、2017年の取引最終日は12月26日です。今年の損益調整のためにも、年をまたいで持ち越す予定のない銘柄は明日までに調整したいところです。

 

アメリカ株式市場

22日の米株式相場は反落。ダウ平均は前日比27ドル96セント安の2万4754ドル33セントで終えました。

 

クリスマスの祝日を含む3連休前の週末とあって、利益確定や持ち高調整を目的とした売りが出やすく、税制改革の実現を手がかりとした買いは乏しかった模様です。年末が近づいていることも影響があったように思います。

 

ナスダック総合、S&P500も下落し、主要3指数揃って下がりました。

 

後記

今日はクリスマスです。クリスマスといえばプレゼントですが、読者の方は相場からクリスマスプレゼントは貰えましたでしょうか?

 

残念ながら相場はサンタクロースほど優しくはないので、参加者が皆貰えるということはありません。

 

しかし、利益は貰うものではなく、勝ち取るものだと考えています。

 

貰えた人はおめでとうございます。貰えなかった人はそういうものだと気持ちを切り替えて、今年も残り少ないですが相場に向き合ってほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です