来週はMSQ

gyouretu_top

1日の日経平均は続伸。前日比94円高の2万2819円で大引け。ドル円相場は112.5円台と円安傾向は継続しています。

前場はじめは23000円目前まで迫りましたが、9時20分頃から下落傾向に転じました。米税制改革法案の採決が延期になったことで売りが出たとの見方もあります。

 

後場は日銀ETF買い入れの思惑から上昇傾向になるも、伸びきれなかった印象があります。

 

東証一部の売買代金は概算で3兆100億円と前営業日よりも減少。週末ということもあって減少したと思います。

 

引き続き、日経平均は移動平均25日線に注目です。25日線を割り込むようなことがない限りは買い目線継続で良いのではないかと思います。

 

来週金曜日MSQです。相場が大きく動くことが予想されますので、不要なポジションを整理するなど準備した方が良いかもしれません。

 

東証一部

TOPIXは0.25%プラスの1796.53。前日比10%以上値上がりした銘柄は5銘柄と前日より1銘柄減。業種別では石油・石炭、鉱業、機械が好調。非鉄金属、水産・農林、パルプ・紙が売られました。

 

[4612]日本ペイントHDが米塗料大手アクサルタ・コーティング・システムズの買収を断念すると報じられると、大幅高になりました。買収額が1兆円を超える可能性があり、断念により巨額の支出がなくなったことで上昇に転じました。

 

東証二部

東証二部指数は1.42%プラスの6893.01。前日比10%以上値上がりした銘柄は4銘柄と前日と変わらず。[8769]アドバンテッジリスクマネジメントストップ高。12月7日に東証一部へ指定替えすることを11月30日に発表。終値1034円と前日比16.97%プラス

 

ジャスダック市場

ジャスダック平均は0.34%プラスの3820.62。前日比10%以上値上がりした銘柄は7銘柄と前日と変わらず。[3223]エスエルディー21.16%上昇の1718円ストップ高年初来高値を更新しました。本日午前、ポケモンカフェ運営業務を受託したことを発表。好材料となりました。

 

マザーズ市場

マザーズ指数は0.16%プラスの1169.06。前日比10%以上値上がりした銘柄は5銘柄と前日より4銘柄増。インターネット決済サービスを手がけている[3623]ビリングシステムが前日比11.5%上昇12600円

 

[2928]RIZAPグループが市場を賑わす

[7448]ジーンズメイト[7577]パスポート等、RIZAP傘下の企業の上昇が目立ちます。ジーンズメイトは一時ストップ高となる1317円をつけるなど、前日に引き続き大幅高。パスポートもストップ高の680円をつけ、終値は前日比17.07%プラスの679円。11月30日に[2928]RIZAPグループが新興市場で時価総額トップになるなど市場を大きく盛り上げています

 

改元特需

皇室会議が終了し、2019年4月30日退位、5月1日即位と日程が固まりました。それを受けて改元に伴う印刷物の特需が予想され、[7919]野崎印刷紙業など印刷関連銘柄に資金が集まりました。

 

デジタルカメラが主流となり、日本の電子書籍市場4年間で2.5倍に伸びるなど厳しい状況が続く印刷業界です。

 

印刷産業の出荷高は2004年には7兆2127億円、2014年には5兆5364億円となり10年間で1兆7千億円の減少しました。率に直せば20%以上減少したことになります。

 

このような印刷業界において、改元特需は久しぶりの明るい材料ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です