立会外分売(たちあいがいぶんばい)とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式投資には様々な用語が登場しますが、今回は立会外分売(たちあいがいぶんばい)について解説します。立会外分売は投資家にとってメリットのある制度です。

立会外分売とは?

立会外分売とは、売買立会時間外(取引所などの取引時間外)で、大株主などの大量の売注文を、多くの投資家に分売する方法です。

投資家数の拡大や、流動性の向上などを目的に多数の銘柄で実施されております。

 

立会外分売のメリット

大量の売り注文の出る銘柄を、多くの投資家に買ってもらうために立会外分売にはいくつかのメリットがあります。

  • 株式購入手数料無料

取引時間外のため、購入手数料は無料です。

  • 前日終値よりディスカウント価格で買える

一般的に、銘柄ごとに差はありますが前日終値より数%ディスカウントされた価格で購入することができます。

  • 一部昇格候補銘柄が買えるかもしれない

投資家数の拡大や、流動性の向上などを目的に立会外分売をおこなう企業は一部昇格候補銘柄である可能性があります。将来、一部昇格が期待される銘柄をディスカウント価格で買えることは立会外分売の一つです。

東証一部昇格候補銘柄については以下の記事を参考にしてください。

東証一部昇格候補銘柄とは?

 

【人気銘柄だと抽選の可能性】

立会外分売は申し込めば必ず買えるわけではありません。申込みが多数の場合は、抽選になります。

 

まとめ

  • 立会外分売とは、取引時間外で大株主などの大量の売注文を多くの投資家に分売する方法
  • 立会外分売にはディスカウント価格で買えるなどのメリットがある
  • 人気銘柄だと抽選の可能性

 

行列のできる注目株一覧はこちら

注目株の戦績はこちら

よくある質問はこちら

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

air_rank

 

【注目銘柄を探す】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*