自己資本比率とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式投資をしていると様々な用語が出てきます。今回は当サイトでもよく銘柄紹介のときに取り上げる自己資本比率について解説します。

【自己資本比率とは?】

自己資本比率とは、銀行などに返済の必要がある資本以外の自己資本が、全体の総資本のうち何%あるのかをあらわしています。

式にすると

自己資本比率=自己資本÷総資本(自己資本+他人資本)

となります。

 

【自己資本比率とは?】

自己資本比率が高ければ高いほど、経営は安定し倒産の可能性が低くなります。

一般的には、40%以上が目安とされ、50%以上あれば優良企業といわれています。一方、10%を切るようになると危険であるといえます。

 

【「無借金経営」なら優良企業?】

「無借金経営」という言葉を聞いたことはありますか?一般的に銀行など金融機関からの借入れなどによる資金調達に一切頼らず、自己資本と内部留保で経営を行うことをいいますが、自己資本比率が極めて高い企業がこれに該当します。

日常生活においては、「借金=悪」というイメージがあると思うので、無借金経営ときけば良い企業だと思うでしょう。もちろん、資金を借りる必要なく経営できるということなのは良いことですし、倒産の可能性が低いということなので安心して投資することができます。

しかし、無借金経営にとらわれすぎて収益を得る機会を逃している場合はどうでしょうか?借入をして資金を増やしていたらもっと稼げたはずなのにしなかったとすれば、その企業の成長性にはあまり期待できません。

 

【自己資本比率からみえる成長に対する姿勢】

企業が成長していけば株価は上昇していきます。もし収益を拡大できる機会が来た時に、その機会を最大限に活かそうと考えれば、借入をしてでも資金を調達しようとするでしょう。その投資が成功した時、企業は大きく成長するでしょう。

自己資本比率は、企業の安全性を測ることができますが、成長に対する姿勢を知ることができるとも思います。自己資本比率が高い企業だからといって良い企業とはかぎらず、自己資本比率が50%を切っているからといって悪い企業だとはかぎりません。自己資本比率が低くても、収益が拡大していればその企業は成長しているから期待できると言えるでしょう。

 

【まとめ】

  • 自己資本比率とは、銀行などに返済の必要がある資本以外の自己資本が、全体の総資本のうち何%あるのかをあらわしている
  • 50%以上あると優良企業といわれている
  • 「無借金経営」だから良い企業とはかぎらない

さらにROEの解説をあわせて確認いただけると、より理解が深まると思います。

ROE(自己資本利益率)とは?

 

行列のできる注目株一覧はこちら

注目株の戦績はこちら

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

air_rank

 

【注目銘柄を探す】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*