ROE(自己資本利益率)とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式投資をしていると様々な用語が出てきます。今回は当サイトでもよく銘柄紹介のときに取り上げるROE(自己資本利益率)について解説します。

【ROEとは?】

「Return On Equity」の略で、日本語では「自己資本利益率」と呼ばれています。
その企業が自己資本(株主資本)でどのくらい効率よく利益を上げられるかを示しています。高ければ高いほど、収益性が高いことを意味します。

 

【ROEが大事な理由】

海外投資家が銘柄を選択するときにROEを重要視しているといわれています。海外投資家は日本市場において大きな影響力を持っています。その海外投資家が重要視しているとなれば、私たち個人投資家も気をつけなければならないでしょう。

また、2014年8月に発表された経済産業省の報告書「伊藤レポート」において、ROE8%を最低限の目標値としたことが大きく影響したとも言われています。

このように様々なところで注目されている指標を無視して投資をすることは難しいです。なので、どの銘柄を選ぶにしろROEの確認は欠かせないでしょう。

 

【ROEの目安】

ROEが良いと評価されるのは、日本の企業の場合10%以上と言われています。銘柄を探す時は10%以上というのを目安にすると良いでしょう。

 

【ROEは高ければ高いほどいいのか?】

ROEは高ければ高いほど、収益性が高いことを意味しますと解説しました。これだけ見ればROEの高い銘柄に投資すればいいのかといえばそうではありません。それを説明するためにROEの成り立ちを確認しましょう。

ROEを計算式に表すと以下のようになります。
ROE=当期純利益÷自己資本

ROEを高める手段には

  1. 当期純利益を上げるか
  2. 自己資本を下げるか

の二通りがあります。

当期純利益を上げた場合を確認しましょう。当期純利益=10、自己資本=100とすると、
ROE=10/100=10%となります。

その後、当期純利益が50%上がりました。当期純利益=15、自己資本=100となるので、
ROE=15/100=15%となります。

次に、自己資本を下げた場合を確認しましょう。
企業Aと企業Bがあるとします。どちらも当期純利益は10億円とします。一方、企業Aは自己資本100億円に対して、企業Bは自己資本50億円で、借入を50億円しているとします。

これでROEを計算すると、
企業A:10/100=10%
企業B:10/50=20%
となります。
ROEだけ見ると、企業Bが良いように見えますが、あなたは借入をどう評価するでしょうか?

このようにROEだけを比較すると、企業がどのような経営状況かを見落とす恐れがあります。単純に比較することは避け、自己資本比率をチェックするなどほかの視点からの確認を忘れないようにしましょう。

 

【まとめ】

  • ROEは企業の収益性をあらわしている
  • 10%以上あると優良企業といわれている
  • ROEだけで比較せず、自己資本比率などほかの視点からもチェックする

 

行列のできる注目株一覧はこちら

注目株の戦績はこちら

 

クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

air_rank

 

【注目銘柄を探す】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*