徐々に業績相場へ移行か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
gyouretu_top

11日の東京株式市場で日経平均株価は続落。前日比77円77銭(0.33%)安の2万3710円43銭で終えました。円高傾向を嫌気して輸出関連銘柄に売りが出ました。

概況

東証一部の売買代金は概算で2兆8021億円。2日続けて3兆円を下回りましたが、あまり気にしなくてもいい範囲だと思います。

昨夜にドル円相場が111.2円台まで行きましたが、現在は111円台後半まで戻しています。ドル円相場の傾向は不透明ですが、急激な円高でもない限り、日経平均にそこまで悪影響をもたらさないと考えています。

業種別でみると前日比プラスは33業種中16業種。値上がり率上位は鉱業、パルプ・紙、海運業でした。

TOPIXは0.21%マイナスの1888.09 。東証二部指数は0.50%マイナスの7458.84 。ジャスダック平均は0.15%プラスの4109.17。マザーズ指数は0.11%マイナスの1292.03 。ジャスダック市場の好調さがうかがえた1日でした。

1月5日紹介の[6904]原田工業が本日一時ストップ高まで上昇しました。紹介記事をご覧になりたい方は以下を確認してください。

今日の行列銘柄 [6904]原田工業

 

アメリカ株式市場

10日の米株式市場でダウ平均は反落。前日比16ドル67セント(0.1%)安の2万5369ドル13セントで取引を終えました。

ナスダック総合、S&P500も下落しました。前日の過去最高値更新もあって利益確定の売りが出た模様です。

 

【今後の見通し

昨日気になると言っていた半導体指数(SOX)が、1%以上下落しました。それによって日本の半導体関連銘柄にも売りが出ました。ただの調整か、下落トレンドどなっていくのか見極めたいところです。

あとは引き続き決算発表の企業を確認することが大事になってくると思います。

 

行列のできる注目株一覧こちら

注目株の戦績こちら

 

株式ランキングをチェック!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

air_rank

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*