祝日控えて取引控えめ

gyouretu_top

20日の日経平均は3営業日ぶりの下落。前日比135円安の2万2261円で大引け。円が一時112円を割れ、日経平均が22215円まで落ち込んだが、13時以降は持ち直しました。

 

東証一部の売買代金は概算で2兆3496億円と4営業日ぶりのの3兆円割れ。今週は日本の勤労感謝の日と米の感謝祭と、祝日があることを意識され、取引が控えめになった模様。

外資系は大幅買い越し。ドル円相場は112.5円がラインと思われましたが、あっさり割れてしまいました。円高傾向が継続する気配があります。

 

日経平均では22000円までの調整は視野に入れつつ、どこまで円高に連れて安くなるかを考える必要があります。しかし、即座に売り相場に転換することはないと思います。

 

【東証一部】

TOPIXは0.23%マイナスの1759.65[3687]フィックスターズが量子コンピューター関連銘柄として15.73%上昇の5150円、ストップ高となりました。国立情報学研究所などが開発した国産量子コンピューターの試作機を、27日から一般公開するという報道から関連銘柄へ資金が集まりました。

 

【東証二部】

東証二部指数は0.50%マイナスの6697.81[4222]児玉化学工業は新工法による製品が、新型「LEXUS LS」の後部座席構造材に金属代替部材として採用されたことが引き続き好感され、一時ストップ高の173円まで上昇。終値は36.59%プラスの168円。

 

【ジャスダック市場】

ジャスダック平均は1.09%プラスの3710[2693]YKTが[3687]フィックスターズ同様、量子コンピューター関連銘柄として買われ24.69%上昇の404円、ストップ高となりました。

 

【マザーズ市場】

マザーズ指数は1.08%プラスの1145.13。[3904]カヤックが15日、ニンテンドースイッチ向け新作ゲームを12月に発売することを発表。以降3日続伸で、本日終値は11.28%上昇の1490円。