今日の行列銘柄 [4026]神島化学工業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
gyouretu_top

今回は行列銘柄として[4026]神島化学工業を紹介します。執筆時点株価1605円から筆者推定高値2000円まで上昇すると以下の理由から推定し、注目しています。

[4026]神島化学工業とは?

本題に入る前に、社名の「神島」どう読みましたか?

 

私は「かみじま」と読んでましたが違いました。「神島(こうのしま)」だそうです。

 

神島化学工業は、自動車産業やエレクトロニクス産業、光通信関連産業などにかかせないマグネシウム化合物などの高付加価値材料から、窯業系建材といった高機能成形品に至るまで、様々な産業を影で支えています。

 

近年の自動車産業やエレクトロニクス産業、光通信関連産業などの躍進は目覚ましいものがありますので、そのような産業に携わっている同社の業績も期待ができます。

 

現在は東証二部に上場。業種はガラス・土石製品に属しています。

 

銘柄の注目ポイント

 

EV(電気自動車)関連銘柄

EV関連銘柄として、リチウムイオン電池が主流と見られています。しかし、リチウムイオン電池の対抗馬としてマグネシウム電池があります。

 

マグネシウム電池はリチウムより材料が調達しやすく、コストを抑えることができます。また、小型化にも優れています。

 

マグネシウム類の化成品を生産・販売しているため、マグネシウム電池関連銘柄として注目される同社。EV関連銘柄は材料次第で急騰することが今後も期待されます。関連銘柄に投資したいと考える時に候補として頭に入れておきたい銘柄です。

 

底打ち

15日に安値1415円をつけた後、3日連続で上昇しています。底打ちと見える動きをしています。また、テクニカル指標ではDMIー日足とMACDー日足で買いシグナルが点灯しました。

 

株価の点からも、買い時が来ていると思われます。

 

【執筆時点株価】1605円

【筆者推定高値】2000円

 

売買単位100株

【最低購入金額】16万0500円

 

まとめ

[4026]神島化学工業が執筆時点株価1605円から2000円まで上昇すると以下の理由から推定し、注目しています。

EV(電気自動車)関連銘柄

底打ち

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*