今日の行列銘柄 [2780]コメ兵

gyouretu_top

今回は行列銘柄として[2780]コメ兵を紹介します。執筆時点株価2159円から筆者推定高値2500円まで上昇すると以下の理由から推定し、注目しています。

[2780]コメ兵とは?

[2780]コメ兵は店舗とオンラインストア(ネット通販・宅配買取)で買取と販売を行っている、日本最大級のリユースデパートです。

 

現在は東証二部に上場。業種は小売業に属しています。

 

銘柄の注目ポイント

 

業績上方修正

[2780]コメ兵が8日、平成 30 年 3 月期第 2 四半期の業績予想を上方修正することを発表した。売上高は前回予想より4.3%増の207.63億円、営業利益は前回予想より92.1%増の4.61億円、経常利益は前回予想より96.7%増の4.72億円、親会社株主に帰属する四半期純利益は前回予想より126.9%増の2.95億円と修正しました。

 

梅田店、名駅店等の大型店出店効果もあり、第 1 四半期に引き続き、第 2 四半期(7-9 月)での買取及び販売が好調に推移し、売上高が予想を上回る結果となったことから各利益とも前回予想を上回る見通しとなりました。

 

フリマアプリ参入

同社は7日、フリマアプリへ参入したと発表。アプリ名は「KANTE(カンテ)」。中古ブランド品に特化し、価格設定は1万円以上からとなっています。コメ兵が決済を仲介し、販売価格が5万円未満であれば15%、5万~10万円未満が12%、10万円以上で10%の手数料を得る方式です。

 

このアプリ最大の特徴は「鑑定機能」というオプションです。コメ兵に商品を送り、正規品でないと判断された場合は購入がキャンセルされるのです。このオプションにより、利用者が安心してブランド品を購入することができます。

 

私はコメ兵にとってフリマアプリ参入は大きなメリットがあると考えました。そのメリットとは

信頼性の高い市場を創出することができる

・利用者が買い取りを希望した場合も、正規品であることを前提に査定することができる

 

特に2つ目の理由は出品者側の満足度も向上させるでしょう。自分で一度販売価格を設定した上で売れなかった経緯から、コメ兵側の買取価格に納得しやすくなると思われるからです。

 

【11月8日時点株価】2159円

【筆者推定高値】2500円

 

売買単位100株

【最低購入金額】21万5900円

 

まとめ

[2780]コメ兵が執筆時点株価2159円から筆者推定高値2500円まで上昇すると以下の理由から推定し、注目しています。

  • 業績上方修正
  • フリマアプリ参入